小針福音ルーテル教会へようこそ!

わたしどもの教会ホームページにようこそおいでくださいました。

宗教改革者マルティン・ルター博士が再発見したキリスト教信仰を日本に広めたく、2017年6月4日の聖霊降臨祭(ペンテコステ)に、わたしの故郷である新潟の地に設立献堂いたしました。当教会はマルティン・ルターの信仰を継承していて、ドイツ・ルター派の伝統的な礼拝を行っているプロテスタントのキリスト教会です。

キリスト教が初めての方、ぜひ教会へ来て見てください。何かを信じたい方、神様を求めておられる方、キリスト教に興味をお持ちの方、ぜひ小針福音ルーテル教会を訪れて見てください。何を信じたら良いのか、どなたがまことの神様なのか、イエス・キリストとは誰か、キリスト教とは何か等々、共に学び、共に求め、共に探していきましょう。

なぜなら、まことの信仰とは、何かふわっとしたつかみどころがないものではなく、理性的であり、論理的であり、実際的なものであり、私たちの人生を堅実にし、豊かにし、喜び溢れるものとする確かなものであるからです。

信仰の創始者であり完成者であるイエス・キリストは、この神様探索の道をこの様に語っておられます。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」(ヨハネの福音書14章6節)

神様はあなたの人生を祝福したいと、あなたのために素晴らしい御計画を用意して、あなたが神の元へ来られることを待っておられます。是非、教会へおいで下さい。神さまと共に歩む、新しい人生を始めてみませんか。

小針福音ルーテル教会 牧師  若林 學

 

当教会の集会について

礼拝毎週日曜日 午前10時30分から始まります。

礼拝では、伝統的な美しい旋律の詠唱(chant)で進んで行く、米国ルーテル教会・ミズーリ・シノッドの礼拝式文を当教会で翻訳して使用しています。当教会独自の試みとして、毎週の礼拝で用いる詩篇交読に代わり、アメリカの教会から毎週送って頂く「入祭唱(Introit)」を牧師が日本語に翻訳し、詩篇を美しいメロディーにのせて歌っています。

聖餐式は第1週と第3週に行います。当教会では「主にある家族陪餐」を採用しております。聖餐式について、詳しいことは牧師にお尋ねください。

礼拝後にはティー・タイムがあります。(新潟県他に適応されていた新型コロナウイルスに対する「まん延防止等重点措置」は、解除されましたが、依然として感染拡大が続いておりますので、しばらくの間は引き続きティー・タイムと聖餐式を中止させていただきます)

初級聖書クラス」は、毎週曜日 午後3時から5時を行ないます。(新型コロナウィルス感染症の為、現在休講中です。)

どなたもどうぞご出席ください。少し詳しい説明は集会案内のページをご覧ください。

お知らせ

4月17日(日)に復活祭礼拝を行いました。


復活祭おめでとうございます。

4月17日(日)私たちの主の復活祭 礼拝で、主イエス・キリストの御復活をお祝いいたしました。

皆様の上に復活の主、イエス・キリストの導きと祝福がありますように。

2022年04月22日

4月15日に聖金曜日礼拝を行いました。


昨日4月15日(金)午後7時30分より聖金曜日礼拝を行いました。
イエス・キリストの十字架上の死によって、天地創造の初めから存在した古今東西の全人類の罪は贖われ、全ての人から罪が拭い去られました。イエス様は全人類の救いの道を完成されましたので、誰でもイエス・キリストを救い主と信じるならば、イエス様はその人を天の御国に入れる者として下さいます。

明日、4月17日(日)復活祭です。午前10時30分から復活祭礼拝を行います。イエス・キリストは十字架に掛けられ死んでお墓に葬られましたが、イエス・キリストが預言された通り、三日目の日曜日の早朝、墓から復活されました。復活祭はキリスト教会が最大の喜びを持ってお祝いするお祭りです。共に主の御復活をお祝いしましょう。

どなたもどうぞご出席ください。

 

2022年04月12日

4月10日に棕櫚(しゅろ)の日曜日礼拝を行いました。


4月10日(日)に「櫚(しゅろ)の日曜日」礼拝を行いました。イエス様がロバの子に乗られてエルサレムに入城された時、大勢の弟子たちが棕櫚の枝を打ち振って、イエス様のエルサレム入城を喜んでお迎えしたことにちなんで、小針福音ルーテル教会でもシュロの枝を打ち振って、賛美しながら礼拝堂に入場いたしました。この棕櫚の日曜日からイエス・キリストが十字架へと向われた聖週間が始まりました。

 

今週4月15日(金)午後7時30分より聖金曜日礼拝を持ちます。この日、イエス・キリストは、全ての人間の罪のための贖(あがな)いの代価として十字架に付けられ、死んで下さいました。そしてお墓に葬られました。このイエス・キリストの死によって、イエス・キリストを信じる人は誰でも罪の赦しを得ることができるようになりました。

 

今年の復活祭4月17日(日)です。礼拝は午前10時30分から始まります。イエス・キリストは十字架に掛けられ死んでお墓に葬られましたが、イエス・キリストの預言の通り、三日目の日曜日の早朝、墓から復活されました。復活祭はキリスト教会が最大の喜びを持ってお祝いするお祭りです。共に主の御復活をお祝いしましょう。

どなたもどうぞご出席ください。

 

2022年04月12日

4月10日は棕櫚(しゅろ)の日曜日、4月15日は聖金曜日、今年の復活祭は4月17日です。


4月10日(日)は「櫚(しゅろ)の日曜日」と呼ばれる、四旬節最後の日曜日となります。 礼拝は午前10時30分から始まります。

イエス・キリストが過越しの祭りに参加されるため、旧約聖書の預言に従い、ろばの子に乗ってエルサレムに入城された際、人々が棕櫚の葉を打ち振りながら、イエス様を待望の王様としてお迎えしたことを記念する日です。 この日よりイエス・キリストが十字架へと向われる聖週間が始まります。

そして4月15日(金)午後7時30分より聖金曜日礼拝を持ちます。この日、イエス・キリストは、全ての人間の罪のための贖(あがな)いの代価として十字架に付けられ、死んで下さいました。そしてお墓に葬られました。このイエス・キリストの死によって、イエス・キリストを信じる人は誰でも罪の赦しを得ることができるようになりました。

今年の復活祭4月17日(日)です。礼拝は午前10時30分から始まります。イエス・キリストは十字架に掛けられ死んでお墓に葬られましたが、イエス・キリストの預言の通り、三日目の日曜日の早朝、墓から復活されました。復活祭はキリスト教会が最大の喜びを持ってお祝いするお祭りです。共に主の御復活をお祝いしましょう。

どなたもどうぞご出席ください。

 

2022年04月06日

2022年2月20日(日)顕現後第七主日の説教を掲載しました。

2022年2月20日(日)顕現後第七主日礼拝の説教は、ルカの福音書6章27-38節から「あなたがたが量(はか)るその秤(はかり)で、量り返してもらえる」と題して語られました。

本日のお話は、先週の「山上の説教」の続きになります。お話を聞いていたのは、イエス様が使徒として弟子たちの中から選ばれた12人と、それ以外の弟子たち、そしてイエス様のお話を聞くために集まった2万人程の群衆でした。イエス様はご自分を信じる人々(いわゆるクリスチャン)とはどのような人達を指すのかについて詳しくお話になりました。そのイエス様のお話に耳を傾けてまいりましょう。詳しくは「2月20日の説教全文」ページをご覧ください。


2022年03月21日

3月2日(水)午後7時30分より「灰の水曜日礼拝」を行いました


3月2日(水)午後7時30分より「灰の水曜日」礼拝を持ちました。

 

この「灰の水曜日」礼拝の中では、牧師が「あなたは、顔に汗を流して糧を得、ついにはその大地に帰る。あなたはそこから取られたのだから。あなたは土のちりだから、土のちりに帰るのだ。(創世記3章19節)」という聖書の言葉に基づき、シュロの葉の灰で作った墨を親指に付け、「人よ、あなたは塵から造られたから、塵に帰ることを忘れずにいなさい。」と言いながら出席者の額に十字の印を付けて行きました。それは「自分は土から造られた人間だというはかなさを思い起こし、自らの罪を謙虚に認めて神に回心し、福音(良い知らせ=イエス・キリストは救い主)を信じて生活をしていきなさい」、と聖書が教えていることに基づいて行われました。


灰の水曜日」から、「四旬節」が始まりました。「四旬節」はイエス・キリストが十字架での死からよみがえられた復活祭(2022年は4月17日)に備える悔い改め期間であると同時に、信仰者にとってはその信仰を新たにし、神との正しい関係に戻る期間です。

 

 

2022年03月03日
» 続きを読む