小針福音ルーテル教会へようこそ!

わたしどもの教会ホームページにようこそおいでくださいました。

宗教改革者マルティン・ルター博士が再発見したキリスト教信仰を日本に広めたく、2017年6月4日の聖霊降臨祭(ペンテコステ)に、わたしの故郷である新潟の地に設立献堂いたしました。当教会はマルティン・ルターの信仰を継承していて、ドイツ・ルター派の伝統的な礼拝を行っているプロテスタントのキリスト教会です。

キリスト教が初めての方、ぜひ教会へ来て見てください。何かを信じたい方、神様を求めておられる方、キリスト教に興味をお持ちの方、ぜひ小針福音ルーテル教会を訪れて見てください。何を信じたら良いのか、どなたがまことの神様なのか、イエス・キリストとは誰か、キリスト教とは何か等々、共に学び、共に求め、共に探していきましょう。

なぜなら、まことの信仰とは、何かふわっとしたつかみどころがないものではなく、理性的であり、論理的であり、実際的なものであり、私たちの人生を堅実にし、豊かにし、喜び溢れるものとする確かなものであるからです。

信仰の創始者であり完成者であるイエス・キリストは、この神様探索の道をこの様に語っておられます。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」(ヨハネの福音書14章6節)

神様はあなたの人生を祝福したいと、あなたのために素晴らしい御計画を用意して、あなたが神の元へ来られることを待っておられます。是非、教会へおいで下さい。神さまと共に歩む、新しい人生を始めてみませんか。

小針福音ルーテル教会 牧師  若林 學

 

当教会の集会について

礼拝毎週日曜日 午前10時30分から始まります。

礼拝では、伝統的な美しい旋律の詠唱(chant)で進んで行く、米国ルーテル教会・ミズーリ・シノッドの礼拝式文を当教会で翻訳して使用しています。当教会独自の試みとして、毎週の礼拝で用いる詩篇交読に代わり、アメリカの教会から毎週送って頂く「入祭唱(Introit)」を牧師が日本語に翻訳し、詩篇を美しいメロディーにのせて歌っています。

聖餐式は第1週と第3週に行います。当教会では「主にある家族陪餐」を採用しております。聖餐式について、詳しいことは牧師にお尋ねください。

礼拝後にはティー・タイムがあります。(2022年1月8日より新潟県独自の新型コロナウィルス警報が発令されましたので、警報解除までの間ティー・タイムは中止いたします。)

初級聖書クラス」は、毎週曜日 午後3時から5時を行ないます。(新型コロナウィルス感染症の為、現在休講中です。)

どなたもどうぞご出席ください。少し詳しい説明は集会案内のページをご覧ください。

お知らせ

2022年1月23日(日)顕現後第三主日の説教を掲載しました。

2022年1月23日(日)顕現後第三主日礼拝の説教は、ルカの福音書4章16-30節から「しかしイエスは去って行かれた」と題して語られました。

イエス様は、「救い主」の任務に就かれた後、故郷ナザレからガリラヤ湖岸の町、カペナウムに引越され、ガリラヤ湖岸の町や村の会堂で教え、全ての人から賞賛されました。そして本日、故郷のナザレの会堂で教えましたが、ナザレの人々はイエス様の教えを受け入れず、憤りに満たされ、イエス様を町の外に追い出し、崖の上から落として殺そうとしました。なぜナザレの人々はイエス様を殺そうとしたのでしょうか。その理由を探ってまいりましょう。
詳しくは「1月23日の説教全文」ページをご覧ください。

 

2022年01月28日

明けましておめでとうございます。


遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

昨年12月24日にクリスマス・イブ・キャンドルサービスを行いました。

今年1月2日の「わたしたちの主の顕現主日」礼拝では小児洗礼式を行いました。

2022年も皆様の上に主イエス・キリストの豊かな祝福がありますようにお祈りいたします。

 

2022年01月15日

11月28日(日)より教会暦の新しい一年が始まりました。


教会歴の新年は待降節(adventアドベント)から始まります。そして今年は、11月28日(日)から待降節に入りました。

待降節(adventアドベント)は、救い主が人間世界「へ向って(ad)」「来る(vent)」、あるいはAdvento(ラテン語:だんだん近づく)のを待ち望む準備の期間です。ですから私たちは、2000年前、歴史的に神の御子救い主イエス・キリストが、人々を永遠の滅びから救うため、この待降節に降誕されたことを思い起こしましょう。そして罪を悔い改め、いつも祈り、キリストに頼って毎日を過ごしていきましょう。これからの教会歴の新しい一年も、新型コロナウィルス感染症や病気、事故、ケガから守られ、平穏で充実した一年となりますようにお祈りしていきましょう。

11月28日の待降節第一主日の礼拝のために、クリスマスツリーにライトを飾りました。来週の礼拝までにはオーナメントを飾り付けます。

クリスマスイブ礼拝は12月24日午後7時30分から行います。是非ご出席ください。

 

2021年11月29日

10月31日(日)午前10時30分より宗教改革記念日礼拝を行います。


2021年10月31日はマルティン・ルター博士の宗教改革504周年です。

マルティン・ルター博士と宗教改革については「ルーテル教会とは」のページをご覧ください。

小針福音ルーテル教会では10月31日(日)午前10時30分より宗教改革記念日礼拝を行います。

どなたもどうぞご出席ください。

2021年10月26日

2021年7月18日(日)聖霊降臨後第八主日の説教を掲載しました。

7月18日(日) 聖霊降臨後第第八主日礼拝の説教は、マルコの福音書6章30-44節から「パンを食べたのは、男が五千人」と題して語られました。

本日の聖書箇所は2週間前の7月4日の聖書箇所の続きです。イエス様は、草原に集まった成人男性だけでも5千人、成人女性や子供も含めれば1万5千人位の大群衆に、天の御国のお話を語られただけでなく、祝福された五つのパンと二匹の魚でその大群衆の胃袋を満たすという奇跡を行われました。そして福音宣教の旅から帰って来たばかりの弟子たちにその配膳の給仕をさせました。なぜイエス様は、激しい福音宣教の旅から戻って来たばかりの弟子たちに「パンを食べたのは、男が五千人」の奇跡を体験させられたのでしょうか。その謎を探ってまいりましょう。詳しくは「7月18日の説教全文」ページをご覧ください。

 

2021年08月18日
» 続きを読む