柵原キリスト教会
日本ホーリネス教団
          創立1946年
 Eーメ-ル            
kobayashimituo○gmail.com  
○を@にしてください       
小林光生牧師個人管理ページ 
            

礼拝  日曜 朝10:30〜11:45  
祈り会 水曜 朝10:00〜11:15
    〒708-1534        
          
岡山県 久米郡美咲町藤原124−6      
      TEL/FAX:0868-62-0252
        
 
2月21日より朝10時半よりの礼拝が再開されました
ご出席ください。なお間隔を開けるなどコロナ感染対策にご協力ください

礼拝の映像も継続しています
今までの礼拝中継録画です   

       2021年2月21日 礼拝(日曜朝8時より公開)


                                         

     

           2020 年クリスマスメッセージ
         「わが子を呼び出した」
        〜悲しみのクリスマスから始まったこと〜

   
 悲しみのクリスマス
それは、イエス・キリストが誕生した時に起きたのです。
東から来た博士たちは「ユダヤ人の王として 誕生されたお方はどこのおられますか」とヘロデ王に尋ねたのです、
 ヘロデ王はクリスマスのニュースを聞き「おれこそ王だ」と不安と憤りを覚えたのでした。  主イエスが誕生した附近の地方にいる二歳以下の男の子を、ことごとく殺してしまうのです。「うれしい クリスマス」の出来事の背後で、実は「悲しみのクリスマス事件」があったのです。
 
 幼な子イエスの家に起こったこと
イエスを殺そうとしたヘロデの事件により、どんなことが、幼な子主イエスの家族に起こったでしょ うか。
幼な子主イエスを連れてエジプトに家族ごと逃げたのです。 エジプトに逃げて、戻ってくるという出来事は、実は旧約聖書の出エジプトの出来事の再現です。
  「奴隷の生活から脱出して、約束の国に帰る」という旧約聖書での出来事が再現されたのです。 これは、イスラエルの失敗の歴史の「踏み直し」だったのです。

  失敗の歴史の踏み直し
 野球でベースを踏まないでまわった時には、踏み直しが必要です。でもホームランで、回り終わった後 の踏み直しはゆるされないそうです。
  私たちの生涯もいくら 後悔しても元に戻ることは出来ません。しかし、イエス・キリストにあって、 過去の罪がゆるされるときに、過去の生活の意味が変わってくるのです。 聖書はこのところで、イエス・キリストがエジプトに逃げてもう一度帰ってきたことを、「エジプトから わが子を呼び出した」と表現しています。 ある説教者が「過去は変えられないが、意味は変えられる」ということを話しておられます。 苦しみや悲しみがどうしてあるのかという問いに対して、「1 + 1 =2」というような答えはないのです。 しかし、苦しみ、悲しみの中で神がどのようなことをされたかを知ることができます。

   ウクライナで起こったこと
  ある宣教師が、ウクライナに行ったときに聞いた話しです。 「七人のこどもを育てていたクリスチャンがいて、子どもにイエス・キリストのことを教えていた。近所 の子どもたちも集まるようになり、それが、国家機密警察に知られ、逮捕 12 年間の刑務所生活をしたので す。 獄から出て来て孤児院を訪ねて回り、子どもを引き取ったのです。しかし、最後の一人が見つかりませ ん。色々な孤児院に行って「これだ」という所に行ったのです。所長さんは「そんな子どもはいない」と の返事です。 帰ろうとしたときに食堂から口笛が聞こえてきました。何と、「いつくしみふかき」の賛美でした。 その少年を見つめましたが、12 年もたっており、自分の子どもか確信がありません。そこで一緒に口笛を 吹いてみたのです。そしたら、ぴったり!二人は抱きあって再開を喜んだのです。このお父さんは「わが子 を呼び出した」のです。

   私たちにも起こること
  聖書に「だれでもキリストにあってあなたは新しく創造された者になる」という約束があります 御子イエス・キリストは、十字架の上で死んで葬られたのです。しかし父なる神は、御子イエス・キリ ストを死から呼び出されたのです。そうして三日目によみがえられたのです。 わたしたちも、主がわたしたちを色んな中から、悲しみの中から、わたしたちを呼んでおられます。「わ たしのもとに帰りなさい」 その声に応答するときに、イエス・キリストを通じて「新しく創造された者」とされていくのです。
  よいクリスマス・新年を! 牧師 小林光生

    小林光生・和子牧師 コラム     
         倉敷ホーリネスチャーチの            
      お知らせにリンクしてあります     

牧師 小林 光生(コバヤシ ミツオ Mitsuo Kobayashi)

はじめまして。2016年4月から当教会の主任牧師になりました、
小林光生です。
東京で生まれ、6歳で牧師の両親と愛知県蒲郡市に移住しました。
「キリスト坊や」とあだ名をつけられながら、死を恐れ、親の財布から
お金を盗む罪を重ねる子どもでした。ある日、父と山頂でお祈りし、
「子よ、安かれ。あなたの罪は赦された。」との聖書の言葉で救われた
のです。心に温かい炎が灯ったような思いでした。
その後、牧師となり茨城県鉾田市・東京都青梅市・蒲郡市で
奉仕し、このたび岡山にやってきました。
イエス様の素晴らしさを多くの方に伝えたいと思っています。
あなたもどうぞ、教会にいらしてください。お待ちしています。
(同じ県の倉敷ホーリネスチャートと兼任しています)

 
 小林和子
 こんにちは。牧師として遣わされてきました、小林和子です。  
私は幼い頃、暗く、泣き虫で愚図な子どもでした
でも、ほめられると有頂天になって高ぶり、人の目を意識して
頑張りすぎたり落ち込んだり。そんな自分が嫌でたまりませんでした。
そんなある日、あるお菓子メーカーのこんなメロディーが聞こえてきました 「だあれもいないと思っていても どこかでどこかで
エンジェルが〜ちゃんと眺めてる」 
 ちょうどその頃、教会に行き始め、ありのままの私を見ておられる方を知りました。
こんな汚い私の罪を赦すために身代わりとなって死んでくださった、
イエス・キリストというお方でした。その時から変えられ、口から出るのは不平と愚痴ではなく、
感謝と賛美になりました。 その後、幼稚園勤務を経て牧師となり、小林師と結婚、
3人の子どもに恵まれ今に至っています。あなたにも、神様の愛を知ってほしいと願っています。


 


車で行けます。          

  

(駐車場20台ほど            
駐められます)           


地図にリンク                       
        
       
                             
  

 自転車で行けます

  片鉄ロマン街道   
  終着点の鉄道記念公園
  から  自転車で数分 
 





ほさな新聞
(現在は発行されていません)より 親子相談 質問と答え

Q いじめの問題をクラスで話し合いました。いろんな意見が出たけれど? などなど、