信仰基準

  本会は初代教会の公同信条と、宗教改革運動により誕生した福音主義教会の信条と信仰告白とにおいて表明された歴史的キリスト教信仰をその立場とし、次の信仰基準を設ける。

  1. 旧新約聖書六十六巻は、神の選ばれた聖書記者達によって神の霊感のもとにしるされた神のことばであって、原典において誤謬を含まず、信仰と生活の唯一絶対の規範である。
  2. 唯一のまことの神は、父、子、聖霊の三位にして一体であり、全能の主権者、万物の創造主である。
  3. わたしたちの主イエス・キリストは、まことの神であり、まことの人である。主は、処女より生まれ、罪人の身代わりとして十字架にて贖罪の死をとげ、葬られ、からだをもって死より復活し、父なる神の右に座し、再び栄光のうちに来臨し、すべての人を裁き、神の国を完成する。
  4. 人間は、堕落以来、みな罪のなかにおり、私たちの主イエスキリストの贖罪のみわざによってのみ罪から救われる。
  5. 救いはイエス・キリストを信じる信仰によってのみ受ける神の恵みである。罪人は聖霊によって新生させられ、きよくされ、その救いを完成される。
  6. すべての救われた者はキリストの体である教会に属し、一体である。
ページのトップへ戻る