細井 茂徳 牧師


略歴

1967年(昭和42年)12月11日 東京都に生まれる。

学歴
             
1986年3月 東京都都立小山台高等学校卒業

1986年 日本基督教団 安藤記念教会(東京教区西南支区)にて受洗

1992年3月 カベナント教団 聖契神学校卒業

1996年3月 日本基督教団 日本聖書神学校卒業

海外留学

1997年から2000年 Wesley Biblical Seminary 修士課程修了
         (アメリカ、ミシシッピー州 メソジスト系神学校)

2000年から2004年 King's College of London (University of London)
         (イギリス、ロンドン大学の神学部 指導教授が突然逝去)
         (組織神学三位一体論専攻)博士号課程(未了)

職務

1996年4月から1997年8月、
2005年(帰国後)~2007年3月 
            日本基督教団 安藤記念教会 担任教師(補教師)

2007年4月から2013年3月 日本基督教団 小石川白山教会 担任教師(1年目補教師、以降正教師)
                             
            小石川白山教会付属愛星幼稚園園長兼務

2013年4月から2018年3月 日本基督教団厚木上教会 主任担任教師(正教師)


2013年4月から2016年3月 日本聖書神学校 「組織神学特講Ⅱ」 非常勤講師 

2017年4月から現在 青山学院大学 「キリスト教概論Ⅱ」 非常勤講師 

2018年4月 上星川教会主任担任教師に就任。
         



                    
        

   「私たちの記念すべき日」   
                          細井 茂徳

       

日本基督教団では、10月第一聖日を「世界聖餐日」と定めて
います。この日、世界中の教会が、互いにキリストによって結ば
れていることに思いを馳せつつ共に聖餐の恵みに与ります。神さ
まの恵みの意味を改めて覚えて礼拝を守っているのです。

 「聖餐」、これはイエスさまが弟子たちと食された《最後の晩餐》
と呼ばれる食事に由来しています。しかし、聖書によると、その日
は「除酵祭の第一日、すなわち過越の小羊を屠る日(マルコ14:
12
)であったとあります。この食事は、旧約聖書の時代からずっ
と受け継がれてきた「過越の食事」であったのです。元々はイスラ
エルの民が神さまによって救い出されたことを記念する食事でし
た。イエスさまはこれと弟子たちとの晩餐とを重ね合わせて、これ
からお受けになられる受難と十字架によって私たちにもたらされる
「救い」のしるしとされたのです。

過去の週報4面(礼拝説教要旨)へ