アドヴェント#2

アドヴェントのロウソク2本目が灯りました。
2本目は「天使のキャンドル」と呼ばれ、「平和」という意味があるそうです。

CSではクリスマス・ページェント(生誕劇)、ではなく「聖書朗読劇」の練習をしました。
これはルカによる福音書2章8節~、羊飼いに天使が御子イエスの誕生を告げ知らせるシーンです。

光に驚いて倒れている羊飼い(死体じゃありません)

御子生誕の重要シーンを子ども達の聖書朗読主体で表現するという、出演者減少による苦肉の策ではありますが、果たしてどんな仕上がりになるか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください