子どもの日・花の日

今日は「子どもの日・花の日」の礼拝でした。
今から150年前、アメリカのとある教会の牧師が「子ども達のための礼拝をしよう。」と提案したことが始まりとされています。
本牧教会ではこの日に大人と教会学校の子ども達が合同で礼拝を奉げるのが恒例なんです。
礼拝堂には花が飾られて、子ども達にプレゼントされます。

そして、礼拝のあとにはみんなで一緒に食事をします。
名づけて「神の家族の食事会」!!

メニューはハヤシライスと浅漬けとデザートのフルーツポンチ。
これ、みーんな教会学校の子ども達とスタッフの手作りです。
ご覧のように衛生にも配慮していまーす。

リンゴがてんこ盛り

そして、本牧教会では食べるだけで終わり、なーんてことはなく、エンターテイメントもてんこ盛りです。

CSの十字架ダンス、牧師もノリノリ!

トーンチャイム体験

最後はみんなで「賛美しよう」を輪唱して、とっても楽しい時間でした。
感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください