=礼拝に初めて来られる方へ=
「礼拝のプログラムは?」
前奏
ピアノの伴奏で心を神様へ向けます。

招詞
司会者が礼拝に招く聖書のことばを読みます。

讃美
歌うことを通して神様をほめたたえます。

祈り
司会者が一同を代表して祈ります。

主の祈り
イエス様が祈るようにと教えられた祈りを一同で声を出して祈ります。

(※次の二つは毎月第1日曜日に行う)

(使徒信条)
私達が信じている信仰を告白します。

(聖さん式)
「最後の晩餐」と同様に、パンとブドウ酒(ジュース)を配り、 イエス様が私たちの罪の身代わりに十字架にかかり、 私たちの罪が赦されたことを再確認する時です。 クリスチャンだけが立ち、受け取ります。

交読文
司会者と一同で交互に聖書のことばを読みます。

聖書朗読
代表者がその日のメッセージの土台となる聖書の箇所を読みます。

メッセージ
牧師が聖書を説き明かします。

祈りの家族
教会に集っている方の中から、週替わりで一人のために祈ります。

献金・感謝
神様に感謝を献げます。自主的なもので強制的なものではありません。

 

頌栄
静かに、神様をほめたたえ、礼拝をささげることができたことを感謝します。

祝祷
牧師が一同に祝福があるように神様に祈ります。

以上のような流れで、礼拝が進んでいきます。その日のプログラムは 受付で【週報】をお渡ししますので、礼拝式順序をご確認ください。

「何をもっていけばいいの?」

基本的には、何もいりません。教会のものをお貸しします。
聖書がお手元にありましたら、お持ちください(当教会では「新改訳」を使っています)。 献金については、ご用意されなくても結構です。礼拝の中で係りのものがまわりましても、 気になさらないでください。

「どのような服装でいけばいいの?」

神様は、外側で判断される方ではなく、内側を、人の心を見られる方なので、 外見は気になさらなくても 結構ですが、神様の前に集うときですので、少しお出かけ くらいの気持ちの服装でこられるとよいでしょう。

 他にも、初めてこられる時には不安に思うことはたくさんあると思いますが、  まずは、教会に足を運んでみてください。笑顔であなたをお迎えしたいと思います。

(参考文献) 「教会は初めて」という人のための本 内田和彦著  いのちのことば社

メールをくださる方は右の画像をクリックしてください。
電話をくださる方は右の番号にお電話をください。 TEL/FAX 0123-32-2140