クラーク聖書研究会は,聖書を共に読み,ディスカッションをすることを通して,聖書やそこに書かれてある「神」についての理解を深めていこうとするもので,北大公認のサークルです。

学部1年生から院生まで幅広い学生が参加していますが,特に厳しい上下関係などなく,みんなで楽しく議論をしています。先輩が後輩に聖書について教えるといったことはしておらず,全員が対等に議論したり感想を言ったりするというスタイルを取っています。

サークルに入る条件は特にありません。クリスチャンの方でもクリスチャンでない方も自由に参加いただけます。また,毎回の例会に必ず出なければならないこともありません。

クラーク聖書研究会ではいつでもメンバーを募集しています!興味を持たれた方はぜひ足を運んでみて下さいね!

普段の活動報告はクラーク聖書研究会の…ブログで見ることができます。

クラーク聖書研究会

例会の日時・場所

2017年 7月 3日(月) 19:00~
古河講堂109  例会
2017年 7月 14日(金) 19:00~
古河講堂109  例会

ABOUT

1964年,宣教師D・J・ミッシェルの協⼒で,北⼤生だった牧野直之をリーダーとして福音主義クリスチャンのグループが発足しました。クラーク博士に倣って北⼤にキリストの福音を伝えようとする思いから,このグループは「クラーク聖書研究会」と名付けられました。

クラーク博士は,北海道大学(当時の札幌農学校)の設立時にアメリカから招かれ,教頭として学校の運営を任されました。クラーク博士は熱心なクリスチャンで,第一期生たちに聖書を配り,毎日教え,学生たちはみなキリストを信じました。

「クラーク聖書研究会」という名前には,そのようなクラーク博士の精神を受け継ごうとする意志が込められています。

現在

クラーク聖書研究会の活動は,大きく3つあります。中でも,(1)の聖書研究がこのサークルのメインの活動となっております。

  1. (1)週に1度行われる例会での聖書研究
  2. (2)北大生への伝道やサークル勧誘を目的としたイベント
  3. (3)メンバーのうちの希望者で行われる祈り会

プロテスタント福音主義

聖書は世界で最も読まれている書物で,さまざまな人がさまざまな読み方をしていますが,クラーク聖書研究会では「プロテスタント福音主義」の立場から聖書を読んでいます。福音主義とは,「聖書は神のことばである」と信じる⽴場のことです。

ACTIVITY

例会
毎週火曜日18:30~21:00(場所:教養棟)。
聖書研究をします。一人ひとりがまんべんなく発言できるよう2~3のグループに分かれ,担当の司会者が進行します。グループ,司会者は毎回代わります。
祈り会
メンバーの空きコマ(場所:空き教室など)。
任意参加。男⼥別に集まって生活や信仰について分かち合い,お互いのために祈り合います。
Daily Prayer Meeting(通称DPM)
月~金曜日8:15~8:30(場所:文系共同講義棟2階ベンチ)。
任意参加。一日の始めに集まり,共同の感謝と願いを心を合わせて神に祈る静かな時です。

活動場所

活動場所

クラ会の紹介動画

聖書研究の紹介動画

年間カレンダー

4月
新歓
6月
楡陵祭に出店
7月
ジンパ
8月
前期総会
9月
聖書合宿
11月
映画会
12月
クリスマス会
2月
後期総会
3月
卒業生追い出し

CONTACT

clark_bible@yahoo.co.jp
※「@」を半角にして置き換えて下さい。

掲示板

クラーク聖書研究会からの連絡や,HP閲覧者からの質問のための場所です。お気軽に書き込んでください!
掲示板へ