ZU-TOMO ずっ友

このページは、なかなか理解されない、真剣なチョット❓な 疑似体験の方々の解放を願って発信しています。
一人で苦しまないで、イエス・キリストの力を体験しましょう。

ズッ友NO.21主に備えあり ←NEW!


主に備えあり

 暑いね~、チビです。
運動不足すぎて夜寝付けなくなったからラジオ体操始めました。せっかちチビは1.5倍速でやってるから、呼吸も筋肉の伸び~も全無視だけど、とりま寝付きは良くなった(これでいいのか?)。

 今日の話は、神様は必要なものを備えてくださっているんだなって話。
チビはね、市が尾キリスト教会の子ども用Zoom礼拝でゲームを提供してんの。例えばクイズとか。毎週日曜にやるから、ネタを考えなきゃで。しかも子どもが飽きない面白いゲームでなきゃ。チビは何週も先のまで用意しておきたいタイプなんだけど,それはなぜかうまくいかなくて。ボツになったり、そもそもいい案思いつかなかったり・・・(ぴえん)。でも次回分は不思議と思いつくんだよね。ググったら以前探した時には見なかったホームページで良いの発見したり、他の人がアイディアがくれたり。。神様は一生分どっさり☆じゃなくて毎回毎回必要な分だけ与えることもあるみたい。

 私みたく毎週ネタが必要な人~。自分のやることやれば大丈夫だよ。神様必要なネタを準備してくれてるよ。
 それではドロン(^ ^)/~

「主(神様)・・・に備えあり」(聖書)

ズッ友NO.20 敵すら愛す ←NEW!


敵すら愛す

 チビです。暑いね。暑くて寝苦しくて、朝の4時に目が覚めるくらい。夜もエアコンをつけっぱでなきゃ。


 今日の伝記シリーズは、本間俊平について~。
聖書には[あなたの敵を愛しなさい]という言葉があるけど,これを実行している人がいた。本間さんと、愛する妻のツキさんだよ。いえね、こんなエピソードがあったんだって。

 本間さんは素行に問題を抱えていた青年たちに仕事を与えて、彼らを大切にし、真人間にしていた。本間さんは奥さんに「青年たちを真人間にするためには 自分自身の命を投げ出さなければならない時もある」と言っていた。奥さんもそのことを承知していた。
 だけどある時、本当に奥さんが殺されそうになったのさ。前科11犯の男を雇ったんだけどその男がツキさんを殺しかけるんだ。待ち伏せして刃物で切りつけて、後に医者が「これだけ出血して生きてるのは奇蹟」と言うくらいの血が出て。他の雇われている人たちが怒って、その男をボコボコにした。でも本間さんはね、その男に「お前が本当に殺したいほど憎かったのは私だったのだ.それに気づかなかった私を許してくれ」と土下座した!奥さんは痛みをこらえて讃美歌を歌っている。すると男は「自分は人から責められることはあっても、許されたことはなかった」と言って奥さんに謝罪して,看病するんだ.本間さんと奥さんの愛で,ついに彼は真人間になった。

 奥さんは自分が、本間さんにとっては愛する人が殺されかけたにもかかわらず、男を許した。本当に「あなたの敵を愛し」たんだね。チビはまだ持ってないよこんな愛、自分の兄弟にもずっと昔のことをまだ、思い出してはプンプン怒りたくなるからね。。神様に、そのことについてもうチビが怒らないよう祈るくらい。逆にどうやったら持てるんだ・・・。

人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない  ヨハネ15章13節


熱中症には気をつけてね~。それでは( ・v・)/バイバイ

読んだ本:今村鎮夫「本間俊平」

ズッ友NO.19 エステルと解説書


エステルと解説書

 やっほー、肉が食べたいチビでーす。もともと外食とかしないけど、ステーキ食べたいマック食べたいケンタ食べたい衝動は突然に。そこでマックケンタをくださいと祈った数日後の28日、家族が仕事帰りにケンタ買ってきてくれた。にわ(28)とりの日で安かったんだって。神様、祈りを聞いてくれてありがと。

 今日は聖書の解説書はいいよーっていうのと、エステルの話(実話)。

昔々、エステルアハシュエロス王の王妃だった。ある日、エステルは自分の民族が殺されるという陰謀があると知った。そこで王に会いに行き、助けて〜と泣きついて、陰謀の阻止に成功しましたとさ。おしまい☆

というのが概要なんだけど,聖書の解説書を読んだら,エステルが王に会いに行くことが本当に命がけなんだよね~。以下命がけの要因を挙げると、
・この王は残酷で気まま。前の王妃(奥さん)は自分の言うことを聞かなかったから、廃位しちゃうくらい。
エステルは王妃だけど何の権力も特権も持っていない
・王に呼ばれてもいないのに会いに行くのは、会ったときに王が許してくれない限り、死刑=エステルも死刑になるかも。
・王の注意を引いている女性は、他に何百人もいる。つまり王にとって、エステルが死んでも代わりの女性はいくらでもいる。
・そしてエステルは1ヵ月も王に呼ばれていない。それじゃ王が今でもエステルのことが好きかわからないー。まさかもう飽きたのか⁈エステル死んでも関係ないと思ってるのか⁈

結局王は今でもエステルのことが好きで,エステルが謁見を願ったとき、聞いてくれた。でもエステルはそんな未来知らないから、会いに行くまではビビるよね〜最悪死ぬし。それでも行くなんて凄い勇気がある。

 エステルの話は聖書と,聖書の解説書に書いてあったよ。チビは普段聖書しか読んでないけど、「この話はどういう意味?」ってちょっと興味持った時に解説書を読むと深くわかるよー、今回はエステルの凄さがわかった。解説書には古代遺跡の写真とか載ってるし、時代背景も書いてあるから興味深い〜。

それではまた次の更新をお楽しみに。ばいばい☆


読んだ聖書の解説書は
『カラー新聖書ガイドブック』

ズッ友NO.18 「取り返しのつかないこと」と「希望」


「取り返しのつかないこと」と「希望」

 ヤッホー☆最近「G」と戦い見事勝利を収めたチビで~す。「G」が出ると思うね・・・「神よ、全ての生き物の創造主なる神よ、なぜGをお造りになったのですか。」w。なんかの本に「Gは他の生物のエサとなるため生態系には必要」的なことが書いてあったけど,マジで?www。だがチビの家には出ないでマジで。

 はい本題~。皆は「取り返しのつかないこと」って、何を思い浮かべる?weblio辞書を引くと、「初めからやり直す・・・といったことが不可能であるさま」だって~。チビの思う「取り返しのつかないこと」は,過ちを犯した時。過去は変えられないから,なかったことにできない失敗,それが取り返しのつかないこと。
 実際に起きたことを話すね (うわ恥ずかしい).チビは兄弟と一緒に暮らしているけど、ある日その兄弟がチビに(間違ってだけど)ぶつかって、チビは嫌だったから押し返したのよ。そしたらその後,兄弟はチビのそばを通り過ぎざまにぶつかってきてさ。その時チビ、チビがした行いのせいで兄弟から悪い反応が返ってきたってわかった。自分が押したことが発端だってわかった時に、あ~取り返しのことをつかないことしちゃった、と後悔したわ泣。
 謝るとか償いはできるよ。ただ過去は変えられない、自分には取り返しがつけられない。でも神様は後悔する人,悔いる人に寄り添って、失敗を益、「人や世の中の役に立つこと。ためになることby weblio辞書」と変えることができる。後悔してもどうにもならないまま終わるんじゃなくて,神様は益と変えるという希望がある。

"神へのいけにえは、砕かれた霊。砕かれた,悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。"詩篇 51篇17節

weblio辞書さん、ありがとうございます☆
・weblio辞書「取り返しがつかない」https://www.weblio.jp/content/取り返しがつかない
・weblio辞書「益」https://www.weblio.jp/content/益

ズッ友NO.17 トピックス


トピックス

 車の走行距離メーターがもうじき10万㎞になることを知らせていた。
日曜日の午後の会話で「10万㎞の表示をキャッチし、写真に撮りたい」とのこと。
やってきた、30日の朝、気が付くと、「9994キロ・・」教会に行く、仕事を終え、鴨志田交差点を過ぎ、自宅に10万㎞で到着するように心で願った。
教会の往復走行距離は大体8キロ前後だ。鉄町を過ぎたら気を付けて、10万㎞になったら。車を止める準備をして走った。不思議・・「9999キロだ・・」
ハレルヤ2分後10万㎞で自宅駐車場に着いた。何か新しいスタートが始まるのを感じた。


ズッ友NO.17 チビと作曲


チビと作曲

 はいチビでーす。この前の金曜ロードショー『天使にラブ・ソングを・・・』みた?面白かったわ~。ちょくちょく聖書の言葉使ってボケてくるから、自分も聖書を読んでると内容がよりわかる~面白さも倍増する~。聖書読んでてよかったー!

 今回は「こんなことやって何になるんだ」てことが意外と必要なんだ〜って話。
チビは昔ピアノを習ってたけど,練習が嫌&ピアノもそんなに好きじゃなかった。しまいには、発表会で皆の前で弾くのが嫌すぎてやめちゃったw。皆に「注目されてる」って感じが恥ずかしすぎたんだけど、今考えると自意識過剰,気にしすぎw。ただ、その時にいろんな曲を(弾けるようになるために)聴いたことが、後々役に立った。
 学校の音楽の授業で「曲の始めはメロディーが決まってるから,その続きを考えて」っていう作曲の機会があった。その時楽々メロディーが思いついた、マジで。しかも賞もゲットできてマジ嬉しかった~。
 今はなんとなく金曜ロードショーの『天使にラブソングを・・・』でシスターが歌ったみたいな、現代風の賛美歌つくってみたいーとか思っている。思い返すと作曲自体は楽しいし、作曲の為だったらあの辛いピアノのお稽古もやってよかったんじゃないかな。まさかピアノの経験が活きるとは全然思わなかったけどね〜。
 みんなも「こんなもんやって何の役に立つんだよ」って思うことがあるかもしんないけど、何年越しに役に立つかもしれないから、とりま一生懸命やってみよう。チビも頑張る
d( ̄  ̄)


・・・・苦難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと、私たちは知っているからです。聖書・ローマ人への手紙5章3節b~4節

ズッ友NO.16 人間を大切にする神様


人間を大切にする神様

 はろ〜。チビです〜。
タイトルを[神様は見ている]にしようと思ったけど,「神様は(君が悪いことをしたら,即バチを当てようと)見ている」ってとれるなと思って変えました。バチを当てる話じゃないから安心して読んで↓↓↓

 今日紹介する人はヨハンナスピーリ…の友達のフローニー。ヨハンナの伝記読んだのに、今回はヨハンナの話ではないw

 フローニーは貧しい父子家庭の子だった。家事や父の内職の仕事の手伝い、学校の宿題をする生活を送っていた。数年後大工の男と結婚して村を出て行った。しかし彼は1日中酒を飲んだり、賭け事をし、フローニーに暴力を振った。何年も耐えたがついに追い詰められたフローニーは夫の元から逃げ故郷にたどり着いた。故郷の教会に行くと牧師は家出をしたフローニーを一言も責めず聖書の話をした。100匹の羊の中の1匹の羊が迷子になった時羊飼いが探すという、人間 (=羊)を神様 (=羊飼い)が大切にしていることの例え話である。特に次の言葉を強調して何度も言った。
「このように,この小さい者たちのひとりが滅びることは、天にいますあなたがたの父のみこころではありません。」マタイの福音書18章14節
フローニーは「自分は1匹の迷子の羊だが,自分を探してくれる羊飼いがいる。こんな自分でも,自分のことを見つめてくれる方がいる」と励まされた。
 その頃フローニーは病を患っていた。ヨハンナと病院で再会した後も、病状は悪くなっていった。それにもかかわらず、フローニーは人生を恨まず,夫の悪口も言わず,「自分のことを見つめてくれる方が自分の側にいる」と明るく,幸福だった。そんなフローニーにヨハンナは人生について教えられた。

 フローニーは次から次へと辛い目に遭っても幸せになったのは,自分のことを神様が見つめてくれてるとわかったから。神様はフローニーのことをずっと見ていたように、皆のこともずっと見ている。皆が辛い目に遭っているときには、神様は心配してる。皆が成功したり一生懸命努力したときは,一緒に喜んでるんよ。

 最後にこの言葉で締めくくるね。
「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。」
ペテロの手紙 第一 5章7節


読んだ本:玉木功作「ヨハンナ・スピーリ」教会新報社出版

ズッ友NO.15 困難の中の信頼


困難の中の信頼

 はーい、いちご飴をうまく作れて嬉しいチビです。
YouTube見てその通りに作って成功しました☆鍋が空いていなかったから、卵焼き器で作ったけど笑。神様、上手に作れ
て感謝します〜。

 …というように順調なときには神様に感謝するのは簡単。だけど大変な目に合っている時にも感謝できるかなぁ。神様と友達とみたいに、良い関係が保てるかなぁ(少なくともチビには難しかったぞ)。
今回読んだ伝記は、大変っか死ぬような目にあう中、神様を信頼したドストエフスキーについて。

 ざっと紹介すると、「罪と罰」を書いた人でモスクワで生まれる。29歳の時、ロシア皇帝へのガチの反乱分子だと勘違いされて銃殺刑の宣告を受ける。執行直前に恩赦となり、獄中生活を送りその後釈放された人。

 読んで思ったこと↓
ドストエフスキーは決して快適ではない、というか死んでも不思議ではない作業をすることもある獄中生活を送る中、神様は決して自分を見放さないと思っていた。普通なら辛い目にあったら「神も仏もいるもんか!」と言いたくなるんじゃないかな。でも彼は苦しい中でも神様を信じていた。そう信じていられたのは、子どもの頃に母親が聖書を読み、その中の、ヨブという人の話が大きかったみたい。

 ヨブの話
昔々あるところに、ヨブというおじさんがいた。正しい人のヨブは、子供、富も名声も神様にたっぷり与えられ、幸せな人生を送っていた。しかしある日、サタンが子供、富も名声も、全部ヨブから取り上げてしまった。サタンは自分がしたこととは悟られないようこっそりしたため、ヨブは「神様が取り上げた。」と思い込んだ。ヨブはそれはそれは悲しみ、なんせ全てを失ったもんで苦しんだが、それでも神様と友達以上の良い関係を持ち続けた。すると神様はヨブに取り上げられる前の2倍の富と名声と、子どもを与え、ヨブは再び幸せになりましたとさ。(聖書はもっと詳しく書いてあるよ)

 ドストエフスキーは苦しんでいるヨブと自分を重ねて、「神様は見放さない。」って自分を慰めたって。ヨブが神様に見放されずに最後は再び幸せになったように、自分も苦しみが終わって自由になることをきっと待ち望んでたんじゃないかな。

 今すごく辛い中にいる人がいるかな。あなたのこと、神様は見放さないよ。この文章が大いに慰めになると
いいな。

読んだ本:水谷たかお作「ドストエフスキー」教会新報社出版

ズッ友NO.14 悩んだときの指針


悩んだときの指針

 皆も知っていると思うけど、今日は、ざっとシュバイツアーについて書こうと思います

 彼は牧師の家庭に生まれ、周りの、農家の子よりは裕福な生活を送り、勉強に励んだ。30歳までは牧師、大学の講師、著作家、オルガニストなどを務めた。30歳以降はアフリカで医療奉仕をするために大学医学部に入り、何年か経ってアフリカで病院を開いた人です。

 シュバイツアーは21歳くらいの時、30歳以降は誰か人のために奉仕しようと決めたみたい。そのきっかけは、「幸福にも自分は今まで学問や音楽の勉強をすることができたけれど、身に付けたものを自分のためだけに使って良いのか」という疑問だったみたい。それでうんと考えてみたけれど答えが分からなくて、聖書を読んだんだって。そうしたらこんな言葉があった。
「自分のいのちを自分のものとした者はそれを失い、わたしのために自分のいのちを失った者は、それを自分のものとします。(新改訳聖書 マタイによる福音書10章39節)」
何度もこの言葉を読んだことがあるのに、その時は特に彼に迫ってきた用に感じたんだって。だから自分の幸福は、自分より不幸な人に分けて、困っている人に力を貸すために才能が与えられていると気づいた。それで30歳以降は人に直接奉仕をする仕事、困っている人に力を貸す仕事をしようと決めたんだって。
 
 私も聖書を読んでいて、何故か目に止まる部分があったりする。どうしたらいいかなって悩んでるときとか。みんなも何か困ったり悩んだりすることがあったら、聖書にもしかしたらその答えがあるかもしれない。読んでビビッときた言葉が、神様があなたにくれた道しるべになるかもよ。

 桜の花びらと砂埃が舞う季節になったね。洗濯物を取り込む時、よーく払わないといけないから大変だー。

読んだ本:大谷美知子作「シュバイツァー」教会新報社出版

ズッ友NO.13 励まし


励まし

 こんにちは~。コロナと花粉を警戒してあんま家から出たくないチビでーす。両方とも早く収束することを願うわマジで。

 そんなわけでできるだけ引きこもりなうなので、アンデルセンの伝記を読んでみました〜。
アンデルセンについてざっと紹介すると、
・童話を書いた人。「みにくいあひるの子」「人魚姫」「親指姫」「マッチ売りの少女」などが有名。
・20代くらいまで散々な目にあってきたものの、努力し続けて、最終的に成功した。

読んだ感想↓↓↓
 アンデルセンは途方に暮れている人に希望を与えることができたんだなーって思った。それは、逆境に遭っても希望を捨てないよう、勇気づける人の影響が大きかったんじゃないかな。
 アンデルセンは最初は悲しい目に遭ってたって。童話を作るのに必要な想像力が、子ども時代には理解されずに「頭おかしい」って馬鹿にされたとか、誰も頼る人がいないとか。そんな中、いろんな人から「辛いことはいつまでも続くわけではない。」「今の苦労は将来報いられる」って励まされた。それで希望を捨てないで頑張ったら、世の中に認められる人になった。マジすごい。
その後、アンデルセンはかつての自分のような、逆境のまっただ中にいる少年に会った。そこでアンデルセンは、昔アンデルセンを力づけた人たちみたいに「悲しいことはいつまでも続かない。きっと春がやってくる」って言う。そして「みにくいあひるの子」の話をして励ますんだ。アンデルセンは苦労の中で頼る真理を知ってる人だったから、余計に説得力があるわ。、、

 皆の中には本当に今大変な状況の中にいる人がいるかもしれない。聖書のマタイ5章1~12節読んでみて。幸せをつかむまで、皆諦めないで。きっと春がくるよ。
 チビも頑張ります。。。ではまた☆


読んだ本:栗栖ひろみ作「アンデルセン」教会新報社出版

ズッ友NO.12 過去は振り返らなーい


過去は振り返らなーい

 おひさー☆市が尾キリスト教会のホームページの中の人のチビでーす。最近ホームページのデータが入ってたパソコンを、わけあって強制シャットダウンしたらデータが飛びました泣。何とか全部復旧できたけど、マジ焦ったわー。


 それでは今日は、私が過去を思い出して後悔の念にさいなまされないよう、励ましの言葉をもらった話をします。

 今までのズッ友でちょいちょい書いてたけど、私は昔を思い出すと「ああすればよかった、」「こうすればよかった」と思う時が多々あるんだよね。例えば勉強が嫌になってサボったことについては、「あんなことしなきゃよかった」とか。対人関係については、他の人から拒絶されたことをいつまでも引きずってたりとか…。昔を思い出すと、今やるべきことに手がつかなくなるから困るんだがw

 でも過去は取り消せないからどうしようもないし、いい加減前に進みたいなぁって思って。そのためには何か、「過去のことを考えてもしゃーないじゃん!」って自分を励ます言葉が欲しいなぁって思って。で、「そーゆー言葉ください♡」って神様に祈ってたら、聖書から見つけたのがコレ↓「神は、絶えず争ってはおられない。いつまでも、怒ってはおられない。」これ読んだとき、「神様でも私が昔やらかしたことについてずっと怒ってはいなくて、私のことを今は赦してんだから、私も私のことを赦そう」って考えたの。

 皆も自分で自分を許せないとかあったら、この言葉を思い出してみてね。

ズッ友NO.11 人生の選択?大げさかな?


人生の選択?大げさかな?

 ゴールデンウィークが終わってしばらく経ったね。今日は神様が用意してるものと、人生における決定についてお話しするよ。

 みんなはどんなふうにして将来の事を決めるのかな。どこに進学するか、どこに就職するか、誰と結婚するか…。いっぱいあるね。自分で考える?誰かに相談する?ネットで調べまくる?いろんな方法はあるけど、「これが正解!」っていうのに行き着くのって大変だよね。だって決めたけど本当にこれでいいのか自信ないとかよくあるじゃん。

私の場合、神様が私に1番ぴったりなものを用意してるって思ってる。だからそれを探しあてれば「せいかーい☆」って自信もって言えるの。

 逆に不正解のは選ばないように「邪魔して」って祈る。邪魔って言葉は悪いけど、例えば就活で私に1番合うのじゃない、つまり不正解の企業は落としてーとか。まぁ自分としては「めっちゃ受かりたかった」、「超努力したのに」、ちょっとどころかマジで辛いこともあるけど。でも最終的に「やっぱりあそこに落ちてよかった」と思うくらい、自分に1番いいとこが用意されてるって思ってる。

 なぜなら神はエレミヤという人をとおして聖書で約束しているから。
あなた方のために立てた計画は、私がよく知っている。―主の仰せーそれはあなた方に将来と希望を与える平和の計画であって、災いの計画ではない。
 あなた方が私(神)を呼び、来て私(神)に祈るならば、私(神)は聞く。私(神)を探し求めるならば見出し、心を尽くして私(神)を訪ね求めるならが、私(神)は見いだされる。

 ということで、皆に神様が用意したものは何かな?きっとぴったりで、マジ最ッ高なものだから、探してごらん☆

ズッ友NO.10 生き返ったキリスト


生き返ったキリスト

ジーザスクライスト
いきかえったぞ! イエイ!
おれの脇腹に穴開けたのはだれだ?
生かえったって傷はのこったぞ!
もう十字架につくのはこりごり!
と、イエスキリストは言わなかった。何と言ったのでしょうか?

答え ヨハネの福音書20章26~29節
 八日後に、弟子たちはまた室内におり、トマスも彼らといっしょにいた。戸が閉じられていたが、イエスが来て、彼らの中に立って「平安があなたがたにあるように。」と言われた。それからトマスに言われた。「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」トマスは答えてイエスに言った。「私の主。私の神。」イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」

ズッ友NO.9 聖書の中の「同類」


聖書の中の「同類」

 今日は「人生が超虚しい」と思う人には特に聞いてほしいことを話します。
 聖書の中の人が「敵を愛せ」と、高いレベルに思えることを言っても、「それはあんたらすごい人にはできるかもしんないけど、俺には無理。」と、なかなか受け入れづらいかも。でも聖書の中にはめっさ(追:)虚しい虚しいって言う人もいるので、その話をします

 その人は「空(くう)の空(くう)。伝道者は言う。空の空。すべては空」とか、
「笑いか。ばからしいことだ。快楽か。それがいったい何になろう」とかぼやきまくっててさ。
私は最初にこれ読んだとき、「聖書の中にこんな奴いるのかよ」と思った。
「聖書の中の人ってTHE☆聖人みたいな感じがしない? そんなイメージない?」
それなのにこの人は全然違うんだよね。
私が今まで言ってきたことが、死んだら全部無駄になるかと思うと、「何のために生きてるんだろう」と気づいた。
また、私は虚無的だったから、聖書の登場人物に、「理解者はいるんだな」って思った。でもその理解者は最後に「結局のところ、…神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである」って締めたんだ。自分の理解者・同類の人が言っていることってなんか説得力ない?
聖書には、「空しい空しい」言ってる人とか、おこりんぼっていう意味のあだ名をつけられた人とかいるよ。こんな人が出てくるとちょっと面白いね。

追:「めっさ」とは大変、とてもといった度合いを表す方言、若者言葉である。東北地方から九州地方まで幅広く方言として使用されている。滅茶苦茶」がなまった表現とも言われている。現在では中高生などの若者の間でも同様の意味で広く使用

ズッ友NO.8 みんなは聖書を読んだことある?


みんなは聖書を読んだことある?

 みんなは聖書を読んだことある?世界のベストセラーと言われてる本。今回はそれについて書くね。

 アレいくらで売ってるか知ってる?ウチのクラスメイトは万単位だと思ってたみたい。うちが持ってるのは3000円くらいだったわ。結構するけど、万だと思ってた人には「安っ‼︎」だよね。アプリ版もあるよ、3000円。「高っ‼︎」って思うかな?でも読み応えあるよ。

 「聖書って見ただけで読む気失せるわ」って?わかるわ〜分厚い上に中は文字びっしりなんだもん!でも全部読んだら達成感ハンパじゃない。それに一気にはキツイから毎日少しずつ読むの。一年で読み終われるようプログラムされた通読表っていうのには、「今日はどこそこを読みましょう」って書いてあって、使う人もいるよ。試しにチョビット読んでみたら⁇

 でも読みきれなくて苦戦している人もいるかも。
大変だね。中途半端に読むのをやめるのが嫌で、読み始められない人もいるかなぁ。それなら読みながら印を書き込むといいかな。読んだ感がでて「もうちょい読むか」って、やる気がでると思うんだ。「主」とか「神」とか何度も同じ単語が出てくるんだけど、そういうのにマークつけてみて。私は「神様」を表す言葉には◯で囲んだ。読みながらマークして、で、後で見返すと1ページの中だけでも◯が結構あって、「えっ、こんなにあったの⁈」と思うこともある。新たな発見もできるかも。

 一通り読んで気づいたんだけど、自分の姿勢っていうか、読む態度が変わってきた。一回目はもう読むだけで精一杯。字面を追うだけって感じ。 2回目になってちょっと頭に入ってきた。で、三回目になると書いてある情景が目に浮かび始めたんだ。ただの文じゃなくて、なんかイキイキしているような。ユニークなクイズも作れるようになった。

 色々書いたけど、要するに聖書を読んでみない?ってこと。意外とイケるかもしれない。
今回はここまで!読んでくれてありがとね(^-^)

編集長の「くず子」より一言
 聖書を知ることは世界レベルの常識知識であると知ってほしい。新約聖書プレゼントします。

ズッ友 NO.7 神様ってどんな方?


神様ってどんな方?

 今日は、「神は皆をあっと驚かせるのが好きな方」と、いうことを話します。

 例えば私は子どもが大嫌いだった。泣いているこどもが苦手ということではなくて、お父さんやお母さんと楽しそうに遊んでいる子が苦手だった。妬ましくて憎くて仕方なかった。これは私が子どもの頃に負った心の傷が原因なんだけどね。でもちびっ子を見る度に私の心はグチャグチャした気持ちになる。だから「この心をなんとかしてください。」って祈ったの。具体的にどうしてほしいのか全然わからなかったし、子どもに優しくするとか、仲良くなるなんて、もう諦めてたから論外だったけど。

 そしたらその次の週くらいだったかな、教会の隅っこで私は座って本を読んでいたンだけれど、ちびっ子が寄ってきたの。子どもは嫌いだけど、私みたいに対人関係で傷つく子を見るのは嫌だったから、とりあえず私は笑いかけてみた。そしたら向こうは「なにしてるの?」って話しかけてきて、それから少し遊んだ。その間中その子に対して悪い感情は全く浮かばなかった。神様がお祈りをきいた。その子は教会から家に帰るとき、「またあそぼうね」って一生懸命手を振ったの。私は誰に対して言っているのかなって、黙ってジーッとその子を見つめていたの。ちょっと経ってもまだブンブン振り続けていて、自分に向かって手を振っているとわかった。それで私も手を振り返した。今では子どもと遊ぶことが面白くなってきたし、将来は子どもに関わる仕事を探そうかなとも思っている。子ども嫌いで絶対にちびっ子となんて関わらないと決意していた私が、だよ。

 こんなふうに神様が人の弱い所をむしろ強みに変えることもある。神という方はね、ガラッと変わった人を見て、周りの人もその人自身もびっくりさせるのが好きだと思います。

ズッ友 NO.6 心の穴


心の穴

 私がまだ神様を信じていなかった頃、ふと自分の人生を振り返ってみたの。それも超批判的にね。
 そしたら自分が今までしてきた事は何の意味があったのかなって思った。世の中には私より頭がいい人は沢山いるし、容姿ダメで、運動ダメ。全部ダメ。もし良いトコがあっても、そもそも死んだら終わりジャン。なーンの意味もない。
 その時胸に穴があるのをはっきり感じたんだよね。比喩じゃないよ。胸の端から端まである大きな穴が確かにあったの。もう息がつまりそうで、そんなのを感じ続けることができなくて、やっとの思いで現実逃避したんだ。

 でも神様を信じてからはなくなった。いつでも満ち足りているの。私は神様のために生かされているって人生の意味もチョットわかったしね。

 なんで生きてるのかわからない時があるかもしれないけど、生きる目的はちゃんとあるからね。神様の役に立つために生きてるんだよ。しかも何か特別な能力がなくても、今、ある力で役に立てるから「オレには無理だ!」なんてことはないよ。
 「『キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。』
ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。
私はその罪人のかしらです。」
                聖書:第一テモテ1:15

ズッ友 NO. 5 生まれ変わる


生まれ変わる

 今日は聖書の話をするね。

 昔ニコデモっていう人がいたんだよ。ニコデモは今で言うなら東 大出身で、その後大企業に就職して順調に出世して、かなりすごい地位にまで上り詰めた人なんだ。そのニコデモがイエス様に会いに来たときに、イエス様は、生まれ変わらなければ天国に 入れないよって言ったの。

 ちょっと横道にそれるけど、みんなは生まれ変わりたいと思 った事は無いかな。人生をやり直したいとか。極悪人が「俺も生まれ 変わりてぇ」ってよく聞かないかな。悪人や、失敗した人に「生まれ変わりなさい」って言うのはよくあることだよね。でもイエス様は、人生の成功者に向かって言ったンだよ。 つまり、人生のどん底にいる人から順風満帆な人まで全員が生まれ変わらないと、天国には入れないんだよ。私もあなたもね。

 じゃあどうすれば生まれ変わるんだよって思うよね。それはね、自分の人生の失敗したことや悪いことの償いは、イエス様が十字架で死んだことでチャラになったって信じることなんだ。たとえば殺人をしたら刑務所に入れられたり、悪いことしたら必ず償いをするよね。法律は犯してなくても、嘘ついたことあるでしょ?私もあるよ。これも償わなくちゃならないんだ。この償いを私やあなたの代わりに引き受けてくれたのがイエス様。この引き受けてくれた、っていうことを信じるだけで生まれ変われるんだよ。ちなみに信じるときに納得も理解もできてなくてもお。信じるって決心したら、もう信じてるよ。

 よくわかんないかもしれない。でも信じたら理解できたって言う人もいるから、ちょっと信じてみない?

コメント:悪いことの償いは、イエス様が十字架で死んだことでチャラになったって信じることなんだ。・・・・って書いてあるけど、なぜイエス・キリストがチャラにできるわけ?
その理由の説明がほしいな。

ズッ友 NO. 4 変えて!!・・かえられた!!


変えて!・・かえられた!

 皆は教会ってどんなイメージがあるかな。私はね、そこの人達は嘘ついたり、悪口言ったりしないと思った。信用はできそうかなーってね。で、皆は嘘つかない、悪口言わない人が教会に行くと思っているんじゃないかな。正しい人が行くって。

 実は違うんだ。教会の人達って、元々私や皆と同じで嘘もつくし、悪口も言ってたの。その状態のまんまで教会に来たの。でも行き続けたら、だんだん嘘つかなくなってくるの。悪口もね。嘘つくのってやめるのすごく大変じゃない?とっさに口から出ちゃうし。悪口もそうだよ。バカにされたら「あいつにこんなこと言われた」って言いふらさない?言いたくってムズムズしない?

 でもね、神様がやめる力をくれるからやめられるんだ。教会の人って、神様が正しい人に変えて、もっと楽しい人生を送れるようにしたんだよ。そして皆にも人生をもっと楽しんでほしいと思ってる。だから教会で神様に会ってみない?

ズッ友 NO. 3 神様の愛が少し分かった


神様の愛が少しわかった

 私はボロボロの人生を送っていたンだ。
不登校になる前はソコソコ勉強ができて、それが自分の頼みの綱になっていたンだよね。高慢になっていたンだ。神様が私達一人一人を無条件に[愛してる]と聞いても、心のどこかで受け入れられなかった。「私は勉強ができるから、愛されている」って思っていたンだよ。

 でも不登校になって、成績は急降下。元々運動は苦手だし、友達も多くなかった。神様に再び従うようになって、現実と向き合った時、気づいたンだよね。「私には何もない」って。超ショック。「私にはなんの価値もない」って愕然とした。今までの「〇〇できるから愛される」という考えが崩れた。つまり今までの考えでいくと、「私は愛される価値がない」って結論になったの。その時聖書の「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」という言葉が浮かんだの。「えっ?」と思ったよ。すぐには受け入れられなくて。でもこう祈ったの。「あなたがそう言うならば、私は愛されていると信じます」わからないけど、神様の言うことを信じたの。そしたら「あっ、本当なンだ」って少しわかったの。もう泣きそうになりながら、「こんな私でも愛してくださるンですか?」って感謝したの。そしたら「そうだよ、愛てる」って思いが浮かんだ。神様が答えてくださったンだよ。

 それからセルフイメージが変わった。今までは、祈ったりできないと、自分で自分を責めたンだ。こんなこともできない、だからダメだって。今は「私には何もない。それなのに宇宙よりも大きな神様が、こんな小さな私に目をとめ、愛してくださる。しかも神様の養子としてくださった。神様ありがとう ️」って思っている。責めるよりも感謝がでてくるの。
皆は神様のこと、どう思っているかわからないけど、どんな時でも神様は皆を愛しているよ。「テメェうぜえんだよ!シね」とか「神?いるわけないジャン。バカじゃねえwww」って思っていても、神様は愛してくれるンだ。いい子じゃないと愛さない、っていう方じゃないよ。

編集長・くず子より一言
 神はチビちゃんをどのようにして愛していると言っているのかしら。
聖書に「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。
私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物(十字架につけて)としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」1ヨハネの手紙4:9,10に書いています。

ズッ友 NO.2


 私は父親が家族に暴力をふるう中で育ちました。小学高学年の時から父と離れて暮らすようになりました。
 このような中で、私は現実逃避、完璧主義、人間不信に陥り、その寂しさを紛らわすためにオタクとなりました。そして二次元の世界で生きるようになったのです。あるアニメのヒーローにのめりこみ、想像の中で交流するという事をしました。
 そして図書室でそれの文庫版を読むときだけでなく、授業中、移動中といったあらゆる機会に交流し、そうするために、不登校ではありませんが、積極的に人との関係を断ちました。愛想笑いをしつつ、心の中では現実世界で話しかけてくる人に「邪魔するな!」と思ってました。それだけ、深く想像の中で関わってしまいました。

 するとある時、自分の家の部屋のドアノブに青白い片手の手首が見えました。すぐ消えましたが、またそのうちにアニメのヒロイン(心を惹かれていた)が「殺す・・殺す・・殺すぞ・・・」というのです。その声が聞こえるようになり、恐ろしくて、恐ろしくて、顔面蒼白になり、母にこのことを話しました。母はすぐイエス様に祈り、解放の祈りを教会の先生に伺いながら祈ってくれました。

 その後,すぐに大きく変えられました。その次の日は日曜日だったので、切羽詰まって教会に行きました。二次元で生きていて、リアルな世界なんてどうなってもいいと本気で思っていた私が、「リアルな世界が、輝いて見える!」と言う経験をしました。完璧主義から脱しました。、人間は素晴らしいと思いました。一言で表すなら『生きやすくなった』という感じです。また聖書について学んだり、話したりすることが楽しくなり、勉強が楽しくなりました。喜びが沸いてき、悪口を言いたくない、に変わりました。(I子)


相談したい方は FAX045-971-3740 「ズッ友編集長あて」に名前と連絡方法を記入の上、少しどんなことで悩んでいるか記入の上送ってください。(偽名、偽証は受け付けておりません)

聖書には以下のような出来事が書かれています。


汚れた霊につかれた小さい娘のいる女が、イエスのことを聞きつけてすぐにやって来て、その足もとにひれ伏した。 この女はギリシヤ人で、スロ・フェニキヤの生まれであった。そして、自分の娘から悪霊を追い出してくださるようにイエスに願い続けた。
 するとイエスは言われた。「まず子どもたちに満腹させなければなりません。子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのはよくないことです。」
 しかし、女は答えて言った。「主よ。そのとおりです。でも、食卓の下の小犬でも、子どもたちのパンくずをいただきます。」
 そこでイエスは言われた。「そうまで言うのですか。それなら家にお帰りなさい。悪霊はあなたの娘から出て行きました。」
 女が家に帰ってみると、その子は床の上に伏せっており、悪霊はもう出ていた。
 それから、イエスはツロの地方を去り、シドンを通って、もう一度、デカポリス地方のあたりのガリラヤ湖に来られた。人々は、耳が聞こえず、口のきけない人を連れて来て、彼の上に手を置いてくださるように願った。そこで、イエスは、その人だけを群衆の中から連れ出し、その両耳に指を差し入れ、それからつばきをして、その人の舌にさわられた。
 そして、天を見上げ、深く嘆息して、その人に「エパタ。」すなわち、「開け。」と言われた。
 すると彼の耳が開き、舌のもつれもすぐに解け、はっきりと話せるようになった。
 イエスは、このことをだれにも言ってはならない、と命じられたが、彼らは口止めされればされるほど、かえって言いふらした。
人々は非常に驚いて言った。「この方のなさったことは、みなすばらしい。つんぼを聞こえるようにし、おしを話せるようにしてくださった。」 マコ 7:25~37

 

イエスキリストが悪霊を追い出し、解放された人々、癒された人々は普通になったことが記されています。祝福がありますように祈ります。  
くず子より

ズッ友 NO.1 ウチ、引きこもりだったんだけど、その時の話なんだ⁇

ウチ、引きこもりだったんだけど、その時の話なんだ??

 ウチ、引きこもりだったんだけど、その時の話なんだ??
すっごい悲惨な状態だったんだ。

 ちょっと大変な時期があって。だんだん現実逃避し始めちゃったんだ。神様そんなこと願ってないし、向き合う力をくれるのに、拒否ったんだよね。そしたら全然生活が回らなくなって。勉強なんて全然できないし、提出物すら出せない。それですっごい罪悪感を感じて余計に逃避して。で、朝の4時まで眠れなくなってさ。日中本当に眠くて、授業中起きてるためにご飯減らしたんだよね。そしたら体重が36kgになっちゃって。ヘロヘロだった。
 その後、ただ眠りたくってひきこもりになってさ。そしたら今度は、引きこもることに罪悪感をまた感じて。さらに逃避して。逃避世界の中では、自分は強くて、友達もいて、幸せで・・・。でも現実の自分は、超惨めだってわかってた。で、さらに逃避。もう朝から晩までずっと!
 もう申し訳なくってさ。(学校特待生で奨学金もらっていたんだ)学校の先生に迷惑かけてるってのもあるし、クリスチャンで洗礼も受けたのに、そんな状態になったから、牧師先生方にも申し訳ないって。

 母さんがクリスチャンだから、神様のこと聞いてたの。でも、自分がクリスチャンになる前は「クリスチャンになるのは弱い人だ」って思ってたんだよね。なった後は「弱いから、強い神様に頼る人」って考えがかわったんだけど。
 でさ、神様に頼ったら、全部変わるってわかってたの。変わるんだよ、事実。だけど、何度も変わろうとして、その度に失敗したこともあって、もうメンドいし、自分を諦めちゃったんだよ。見捨てたんだよね。できっこない、それにどうなっても構わない。もう一生このままだろうって。そしたら自殺願望がでてきて。結構具体的に計画してたんだ。

 そしたらある日、夢の中で地獄に入れられそうになったんだよ。「このままじゃ、本当に地獄に行っちゃうんだよ、あなたどうなってもいいって思ってるけど、本当にいいの?」って。
 その時、本当は「死にたくない」ってわかってもう絶叫。「嫌だ〜〜 」って。なんとか逃げた後、神様の所に行かなきゃって思って近くにいた人に聞いたの。そしたら教えてくれたんだけど、何があっても従いなさいとも言われたの。夢から覚めて、」その日にもう一回神様に従いますって祈ったの。
 そしたらね、神様の為に生きる力が湧いてきて、もう自殺なんて考えられないって思ったんだよ。
 そしたら、イエス様がいるっていう、素晴らしい現実で生きたくてたまらなったの。
 それに現実に向き合えるようになったし、将来も大丈夫だって、心配しなくなった。表情も変わったし、生活も全部変わったんだよ。
 イエス様って生きるために本当に必要なんだよ。

 今も時々不安になったり、悲観的になったりする時は、「神様に信頼します」って言うの。そうすると、スッキリして、よし、大丈夫だって安心するよ。肩の荷がなくなっちゃうの。あ~ラクだわwww


編集長の「くず子」より一言
 チビちゃんの告白を聞いて一言。神様もいるし悪魔もいるんだよね。悪魔は人間の人生をメチャメチャにしようとするんだよね。神は人を一人でいることを望んでいないよ。一人の寂しさの中に悪魔が入り込んでくるんだ。悪魔と仲良しになってはダメだよ。神様は君を心配している。愛している。
 君の友達になりたいんだ。声を出して「神様助けてくれ」と言い続けてください。
 相談したい方はFAXください。045-971-3740