祝福の家

祝福の家(2020-26)「信じるものたちが持っているもの」 ←NEW!


祝福の家 No.26「信じるものたちが持っているもの」

 すると,ペテロは,「金銀は私にはない。しかし,私にあるものを上げよう。ナザレイエス・キリストの名によって歩きなさい。」
(使徒 3:6)

 天に挙げられた主イエスさまが、地上の教会に、一人一人の 信仰者たちに与えたもの、これから与えるものがどれほど素晴らしいか、私たちは心の目が開かれる必要があります。
 使徒ペテロは、自分が持っているものをはっきり自覚し、意識していました.そして,それを信仰を働かせて用いました.起こった結果は、生まれつき足なえの人が起き上がり、歩き出し、 踊りあがって神をほめたたえ,エルサレム中に驚きと歓声をもたらしたことです。
 使徒ペテロは、主イエスの御名が持っている威力を知っていました.その知識に基づく行動をしました。信仰を働かせ,イエスの御名を用いて、病人に命令をしました。その命令が実行される ように,病人の動作をアシストしました。ペテロの中にあった神の力が,その人に流れて,完全ないやしをもたらしました。私たちも同じものを持っています。ハレルヤ

祝福の家(2020-25)「初代教会躍進の4原則 ←NEW!


祝福の家 No.25「初代教会躍進の4原則」

 そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り,交わりをし,パンを裂き祈りをしていた。          (使徒 2:42)

 キリストの教会は、計り知れない可能性と権威、能力を与えられています。
 主イエスがこう言われました.[わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。]
                      (マタイ16:18)
 
 また、使徒パウロはこう言っています。
 「教会はキリストのからだであり,いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」
                     (エペソ1:23)
 種が発芽して成長し、木になり、林になり、森林になるとき、あまりの変化に、世界は圧倒されます。それと同様に、教会も、教会を構成する一人一人の信仰者も、同じようなDNAを持ち、、計り知れない可能性と権威、能力を与えられています。
 その可能性が実際に開かれる4原則が、使徒 2:42に書かれて います。私たちも、まったく同じ祝福に召されています。

祝福の家(2020-24)「悔い改めのもたらす祝福」 ←NEW!


祝福の家 No.24「悔い改めのもたらす祝福」

 そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、 それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名に よってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊 (原文:聖霊の賜物)を受けるでしょう。」
                   (使徒 2:38)


 [悔い改め]は,福音が宣べ伝えられるときに神が求める最初の応答です。また[悔い改め]は不可欠の要素であり,[悔い改め]なき所には、罪の赦しも、救いもありません。
 しかし,本気で「悔い改める」人を,神は喜んで受け入れ、神の子どもとして迎え入れ、法的にも、人格的にも、将来的にも、 完全な覆いと守りの中に移されます.主イエスさまの血のカバーの中に置かれることで,天のあらゆる祝福を受ける神の家族の一員になります。聖霊なる神が内側に住んでいることを体験し、栄光から栄光に変えられていきます。
荒地の中に植えられた種のように、芽を出し、成長して、立派な実をならせる人生、世代となっていきます。

祝福の家(2020-23)


祝福の家 No.23

 ですから、神の右に上げられたイエスが、御父から約束された聖霊を受けて,今あなたがたが見聞きしているこの聖霊をお注ぎになったのです。(使徒 2:33)

 今の時代を聖書的に認識し,聖書で約束された聖霊の祝福の中で生きることは、何と幸いなことでしょう。
 
 今の時代は、終わりの時代です。旧約聖書の預言者たちが預言し,主イエスさまが預言した,主イエスさまの栄光の来臨、再臨を真近かに控えた時です.それと同時に,預言された聖霊,使徒たちが体験した聖霊、イエスキリストの栄光を輝かせ、聖徒たちをキリストに似せていく聖霊なる神が豊かに注がれる時です。
 ですから、キリストの支配の中に置かれていることを感謝し、キリストをもっと親しく知るように努め,聖霊なる神に心を開き、満たされる喜びを体験しましょう。

祝福の家(2020-22) 聖霊の時代、聖霊の注ぎ、聖霊の働き ←NEW!


聖霊の時代、聖霊の注ぎ、聖霊の働き

 主イエスさまの十字架の前の約束はこうでした。
 ヨハネ 16:13 しかし、その方、すなわち真理の御霊が来ると、あなたがたをすべての真理に導き入れます。御霊は自分から語るのではなく、聞くままを話し、また、やがて起ころうとしていることをあなたがたに示すからです。

 また、よみがえった主は、こう言われました。
 使徒1:5 ヨハネは水でバプテスマを授けたが,もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」

 使徒の働き2章での聖霊は、以下の通りです。
 使徒 2:4  すると、みなが聖霊に満たされ、御霊が話させてくださるとおりに、他国のことばで話しだした。
 使徒 2:17   『神は言われる。終わりの日に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。
 使徒 2:18   その日、わたしのしもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。すると、彼らは預言する。
 使徒 2:33   ですから、神の右に上げられたイエスが、御父から約束された聖霊を受けて、今あなたがたが見聞きしているこの聖霊をお注ぎになったのです。

イエスさまの栄光を輝かせる聖霊なる神に、注目し、心開き、豊かな実たしを求めていきましょう。

祝福の家(2020-21) 聖霊によるバプテスマを待つ使徒たちの姿←NEW!

聖霊によるバプテスマを待つ使徒たちの姿

 この人たちは、婦人たちやイエスの母マリヤ、およびイエスの兄弟たちとともに、みな心を合わせ、祈りに専念していた。  (使徒 1:14)

 使徒たちを土台とする、新しい神の神殿が建てられることを主イエスさまは良く知っていました.そして,使徒たちによる教会が、世界の歴史を新しくしていくこと、その教会がみことばを宣べ伝えて、地の果てまで行くことを主は、良く知っていました。 そして、よみがえった後の40日間、主は使徒たちに旧約聖書の預言の解き明かし、主イエスとの3年半の公生涯での働きと弟子訓練で、そのことを思い起こさせ、理解を深めさせました。
 使徒たちは、ロケットの発射のカウントダウンのように、祈り続けながら、聖霊によるバプテスマを受けるその時に備えていました。
 主の再臨の近づいているこの時代,主は栄光の教会を建て上げ、栄光の教会を花嫁として迎えるために、 聖霊を豊かに注いでくださいます.いままで世界がみたこともないようなリバイバルをもって、栄光の教会を仕上げてくださいます。
ですから,今の時代の教会は,途方もない機会を備えられています。ペンテコステでペテロが引用した、ヨエル書に預言されていることが私たちの時代により豊かに実現します。
『神は言われる。終わりの日に,わたしの霊をすべての人に注ぐ.すると、あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。その日,わたしのしもべにも,はしためにも、わたしの霊を注ぐ。すると、彼らは預言する。

祝福の家(2020-20) 聖霊によるバプテスマ ←NEW!


聖霊によるバプテスマ

 ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく,あなたがたは聖霊によるバプテスマを受けるからです。」
(使徒 1:5)
 あなたがたは、「聖霊によるバプテスマを受ける」。これが、父の約束であり,十字架にかかり,死者からよみがえった主イエスさまの約束でした。これ以上のすばらしい約束はないかのように、この約束の比べる価値なき偉大さを熟知していたのは、ただ主イエスまでした。
 聖霊は、主イエスの地上での働きの力の源でした。聖霊によって、主イエスは様々な病人をいやし、悪霊を追い出し、奇跡を行い、神の知恵と奥義を語りました。
 主イエスは,聖霊なる神を極端に重んじ,聖霊に対する汚し事や罪は、永遠に赦されないと宣言されました。
この聖霊、死者を生かす御霊が、主を信じる人に与えられるだけでなく、「聖霊によるバプテスマを受ける」と約束されました。大いなる期待をもって、待ち望みましょう

祝福の家(2020-19) 天の上っていく主イエスの姿 ←NEW!


天の上っていく主イエスの姿

 イエスが上って行かれるとき,弟子たちは天を見つめていた。すると、 見よ、 白い衣を着た人がふたり、 彼らのそばに立っていた。そして,こう言った。「ガリラヤの人たち。なぜ天を見上げて立っているのですか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは,天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになります。」
(使徒 1:11-10)
 主イエスさまに注目することは、どんなときにも聖徒たちの力と慰め、希望と喜びになります。
 私たちの罪のために、身代わりに死んでよみがえった主イエスさまは,栄光のからだをもって天に上られました.そして,不思議な雲に迎えられ,それに乗って父なる神の右の座に着座されました。本来おられた天に、大勝利をもって凱旋されました。
 その時以来,主イエスの勝利の凱旋行列は続き,これからもっと偉大な光景が示されます.私たちは,その勝利の凱旋行列の内側にいて、勝利から勝利に進んで行っています。

祝福の家(2020-18) 復活の主イエスとともに過ごす祝福 ←NEW!

復活の主イエスとともに過ごす祝福

 イエスは苦しみを受けた後、四十日の間,彼らに現われて,神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示された。(使徒 1:3)

 弟子たちは、ここでは、「使徒たち」と言われています。著者ルカは、既に、ルカによる福音書で「使徒たち」の名称を用いていますが、使徒の働きにおいて,彼らが土台となる教会が,聖霊によって神の住まいとされることを意識して、使徒たちとの40日間の主イエスさまとの日々を私たちに伝えています。
 今の私たちも、聖霊によって、主イエスさまと親しい時が可能です。

 主は御霊です。そして、主の御霊のおられるところには自由があります。 私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。(2コリ 3:17-18)

祝福の家(2020-17) いと高き所から力を着せられる(ルカ24:49) ←NEW!


いと高き所から力を着せられる(ルカ24:49)

 主イエスさまの十字架とよみがえりの祝福の一つは、天の扉が開かれ、天から聖霊が注がれることです。 イザヤ書にこう預言されています。
「しかし、ついには、上から霊が私たちに注がれ、荒野が果樹園となり、果樹園が森とみなされるようになる。」
(イザヤ32:15)
 罪のために,全人類は,生まれながら荒野を旅するような定めの人生となりました。空しい人生,はかない人生,諸行無常の人生が運命となりました。 しかし、キリストは、罪の世界に閉じ込められていた私たちのために、身代わりに死に、三日目によみがえってくださいました。
 そのことによって、天が開かれ,神の御霊,聖霊が来てくださる道が開かれました。荒野が果樹園に変えられ、果樹園は森とみなされるほどに広大に広がるのです。ここでの,荒野とは,私たちの心,思い,発想,生活,家庭、人生、社会です。聖霊なる神を認め、歓迎し、従い、この体験をさせていただきましょう。

祝福の家(2020-16) キリストの十字架とよみがえりの目的 ←NEW!

キリストの十字架とよみがえりの目的

 イエスは、死の苦しみのゆえに、 栄光と誉れの冠をお受けになりました。その死は、神の恵みによって、すべての人のために味わわれたものです.神が多くの子たちを栄光に導くのに,彼らの救いの創始者を、多くの苦しみを通して全うされたということは,万物の存在の目的であり,また原因でもある方として,ふさわしいことであったのです。(ヘブル 2:9b-10)
 
 私たちの主イエスさまが、この世に来られ、十字架の苦しみを味わい、よみがえりってくださった歴史的事実の目的を、ヘブル書の著者は、「多くの子たちを栄光に導く」と述べています。 救い,罪の赦し,束縛からの解放、いやしなどの恵みだけでなく、「栄光に導く」と語られています。
 心と理解を広げ、霊的な目が開かれて、 書かれていることの真理をもっと深く体験するように、祈りましょう。

祝福の家(2020-15) キリストのよみがえり ←NEW!

キリストのよみがえり

 私の福音に言うとおり、ダビデの子孫として生まれ、死者の中からよみがえったイエス・キリストを、いつも思っていなさい。(2テモ 2:8)
 しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。(1コリ 15:20)
 もしイエスを死者の中からよみがえらせた方の御霊が、あなたがたのうちに住んでおられるなら、キリスト・イエスを死者の中からよみがえらせた方は、あなたがたのうちに住んでおられる御霊によって、あなたがたの死ぬべきからだをも生かしてくださるのです。(ロマ 8:11)
 あなたがたは、バプテスマによってキリストとともに葬られ、また、キリストを死者の中からよみがえらせた神の力を信じる信仰によって、キリストとともによみがえらされたのです。(コロ 2:12)

祝福の家(2020-14.5) 4/12の写真 ←NEW!

4/12の写真

 使2020.4.12日イースターの朝・麻生区の空に。
あなたには何と書かれていると思いますか?

祝福の家(2020-14) 目が開かれるキリストの十字架の偉大さ ←NEW!

目が開かれるキリストの十字架の偉大さ

 使徒パウロは、 世界に絶大な影響を与えたギリシャ・ローマ文化のひざ元にあるコリントの教会に対して,こう宣言しました.
「私は、あなたがたの間で、イエス・キリスト,すなわち十字架につけられた方のほかは,何も知らないことに決心したからです.」(1コリント2:2)

 また,逆説的こうも語りました.「しかし私たちは,成人の間で、知恵を語ります。この知恵は、この世の知恵でもなく、この世の過ぎ去って行く支配者たちの知恵でもありません。私たちの語るのは、隠された奥義としての神の知恵であって、それは、神が、私たちの栄光のために、世界の始まる前から、あらかじめ定められたものです。この知恵を、この世の支配者たちは、だれひとりとして悟りませんでした.もし悟っていたら,栄光の主を十字架につけはしなかったでしょう。」(1コリント2:6-8)

 十字架の上で、人間の堕落の根本原因である「罪Sin」は、完全に、決定的に、永遠に、処理されました。
 十字架によって、あらゆる祝福の世界が開かれる、神の義が、法的に打ち立てられました。ハレルヤ。
 十字架によって、天の門が開かれました。聖所の幕が上から下まで真っ二つに切り裂かれたことが、神が与えてくださった完全な証拠です。
 十字架によって,悪魔は脳天を砕かれました.悪魔の持っていた権威、権力は、 すべてはぎとられキリストとキリストの教会のものにされました。全宇宙に、十字架による勝利が打ち建てられました。

祝福の家(2020-13) キリストによる贖いの真理を知り、その恵みを豊かに体験する


キリストによる贖いの真理を知り、その恵みを豊かに体験する

 人の子が来たのが、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また,多くの人のための,贖いの代価として、自分のいのちを与えるためであるのと同じです。」(マタイ20:28)

歴史の中で完成された、キリストの贖いの働き
 また,やぎと子牛とのによってではなく,ご自分によって,ただ一度,まことの聖所にはいり,永遠の贖いを成し遂げられたのです。(ヘブル 9:12)

キリストの贖いの働きの3つの時制
[過去]  私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の赦しを受けているのです。これは神の豊かな恵みによることです。(エペソ 1:7)
[現在]  キリストたちのためにご自身をささげられたのは,私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。(テトス 2:14)
[将来]  神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、贖いの日のために、聖霊によって証印を押されているのです。
(エペソ4:30)
  これらのことが起こり始めたなら、からだをまっすぐにし、頭を上に上げなさい。贖いが近づいたのです。」(ルカ 21:28)

祝福の家(2020-12) キリストの偉大さに、目を開かれること


キリストの偉大さに、目を開かれること

 それは、この人たちが心に励ましを受け、愛によって結び合わされ、理解をもって豊かな全き確信に達し、神の奥義であるキリストを真に知るようになるためです。このキリストのうちに、知恵と知識との宝がすべて隠されているのです。(コロサイ2:2-3)

 キリストの偉大さとすばらしさは、使徒たちが一番よく知ってい増した。使徒パウロは、「キリストのうちに、知恵と知識との宝がすべて隠されている」と語りました。(コロサイ2:3)

 キリスト御自身もまた、キリストのなさっている働きと教えの偉大さに直接見聞きすることの特権に関して、こう語っています。
「あなたがたに言いますが、多くの預言者や王たちがあなたがたの見ていることを見たいと願ったのに、見られなかったのです。また、あなたがたの聞いていることを聞きたいと願ったのに、聞けなかったのです。」(ルカ 10:24)

 しかし、キリストの偉大さ、いのち以上のすばらしさは、生まれつきの人間は知ることができません。心の目の覆いが取り除かれる必要があります。それをしてくださるのが、信じる者に与えられる聖霊です。「どうか、私たちの主イエス・キリストの神、すなわち栄光の父が、神を知るための知恵と啓示の御霊を、あなたがたに与えてくださいますように。」(エペソ 1:17)ですから、祈って、この知恵と啓示の御霊を新しくいただきましょう。

祝福の家(2020-11) 拡大するアブラハムの祝福

拡大するアブラハムの祝福

 アブラハムは年を重ねて、老人になっていた。主は、あらゆる面でアブラハムを祝福しておられた。(創世記24:1)

アブラハム個人に関連する祝福リスト
1. 兄弟ナホルに息子たちが生まれる
2. 妻サラの死の中での希望
3. 異教徒ヘテ人からの賞賛、旅人の証し
4. 墓の購入(相続地の所有)
5. アブラハムの祝福の領域
6. イサクの花嫁リベカの背景に見る神の摂理
7. アブラハムの再婚、アブラハムの死、埋葬

アブラハムの究極の子孫、イエス/キリストによる祝福
 アブラハムの祝福の拡大は、主イエスキリストを通して、諸国民、諸民族、諸言語にもたらされます...
 神が導く将来の祝福と教会(聖徒たち)栄光は、キリストに従う私たちの者です.
 このことは、アブラハムへの祝福が、キリスト・イエスによって異邦人に及ぶためであり、その結果、私たちが信仰によって約束の御霊を受けるためなのです。(ガラテヤ 3:14)
 もしあなたがたがキリストのものであれば、それによってアブラハムの子孫であり、約束による相続人なのです。(ガラテヤ 3:29)
 諸国の民が、都の光によって歩み、地の王たちはその栄光を携えて都に来る。(黙 21:24)

祝福の家(2020-10) 試練を経た信仰


試練を経た信仰

 これらの出来事の後、神はアブラハムを試練に会わせられた。神は彼に、「アブラハムよ。」と呼びかけられると、彼は、「はい。ここにおります。」と答えた。(創世記 22:1)

 学校のテスト、入学テスト、入社テストなど、私たちの実社会には、テストがたくさんあります。商品でも建物でも、テスト・試験を経て合格印が押されたものは、安心と安全をもたらします。
キリストに従う信仰の道も、同様であることが使徒たちによって語られています。
 
 試練に耐える人は幸いです。耐え抜いて良しと認められた人は、神を愛する者に約束された、いのちの冠を受けるからです。(ヤコブ 1:12)
 そういうわけで、あなたがたは大いに喜んでいます。いまは、しばらくの間、さまざまの試練の中で、悲しまなければならないのですが、信仰の試練は、火を通して精練されてもなお朽ちて行く金よりも尊いのであって、イエス・キリストの現われのときに称賛と光栄と栄誉に至るものであることがわかります。(1ペテロ1:6-7)

 私たちは、アブラハムから、試練、試験を通り抜けて、より豊かな、より確かな領域に入って行くことを教えられています。ですから、ヤコブは、こう勧めています。
 「私の兄弟たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい。」(ヤコブ 1:2)

祝福の家(2020-9) 約束を実現される神

約束を実現される神

 神の約束はことごとく、この方において「しかり。」となりました。それで私たちは、この方によって「アーメン。」と言い、神に栄光を帰するのです。(2コリント 1:20)

1. イサクの誕生は、神の約束によるものであった。

2. キリストの誕生は、神の約束によるものであった。

3. 聖霊の降臨は、神の約束によるものであった。

4. キリストの福音の宣教拡大は、神の約束によるものであった。

5. 聖徒たちが、約束の資産を受け取ることは、神の約束によるものであった。

6. 聖徒たちが、神の力を受けて、神の栄光を輝かせることは、神の約束によるものであった。

7. キリストの再臨と永遠の統治は、神の約束による。

祝福の家(2020-8) 執り成しの祈り


執り成しの祈り

A. 神は、とりなしの祈りをする人々を求めている

 イザ 59:16 主は人のいないのを見、とりなす者のいないのに驚かれた。そこで、ご自分の御腕で救いをもたらし、ご自分の義を、ご自分のささえとされた。

 1テモ 2:1 そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。


B. 聖霊と、主イエスが、聖徒のためにとりなしの祈りをしておられる。

 ロマ 8:34 罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。

 ヘブ 7:25 したがって、ご自分によって神に近づく人々を、完全に救うことがおできになります。キリストはいつも生きていて、彼らのために、とりなしをしておられるからです。

祝福の家(2020-7) 永遠の契約と新しい契約

永遠の契約と新しい契約

 創 17:7 わたしは、わたしの契約を、わたしとあなたとの間に、そしてあなたの後のあなたの子孫との間に、代々にわたる永遠の契約として立てる。わたしがあなたの神、あなたの後の子孫の神となるためである。

 イザ 55:3 耳を傾け、わたしのところに出て来い。聞け。そうすれば、あなたがたは生きる。わたしはあなたがたととこしえの契約、ダビデへの変わらない愛の契約を結ぶ。

 エゼ 37:26 わたしは彼らと平和の契約を結ぶ。これは彼らとのとこしえの契約となる。わたしは彼らをかばい、彼らをふやし、わたしの聖所を彼らのうちに永遠に置く。

 1コリ 11:25 夕食の後、杯をも同じようにして言われました。「この杯は、わたしの血による新しい契約です。これを飲むたびに、わたしを覚えて、これを行ないなさい。」

 ヘブ 10:16 「それらの日の後、わたしが、彼らと結ぼうとしている契約は、これであると、主は言われる。わたしは、わたしの律法を彼らの心に置き、彼らの思いに書きつける。」またこう言われます。

祝福の家(2020-6) 聖書の神は、契約の神です


聖書の神は契約の神です

 1歴 16:15 覚えよ。主の契約をとこしえに。お命じになったみことばは千代にも及ぶ。
 1歴 16:16 その契約はアブラハムと結んだもの、イサクへの誓い。
 1歴 16:17 主はヤコブのためにそれをおきてとして立て、イスラエルに対する永遠の契約とされた。

 2列 13:23 主は、アブラハム、イサク、ヤコブとの契約のために、彼らを恵み、あわれみ、顧みて、彼らを滅ぼし尽くすことは望まず、今日まで彼らから御顔をそむけられなかった。

 詩 111:5 主を恐れる者に食べ物を与え、その契約をとこしえに覚えておられる。
 詩 111:9 主は、御民に贖いを送り、ご自分の契約をとこしえに定められた。主の御名は聖であり、おそれおおい。
 
 1コリ 11:25 夕食の後、杯をも同じようにして言われました。「この杯は、わたしの血による新しい契約です。これを飲むたびに、わたしを覚えて、これを行ないなさい。」

祝福の家(2020-5) 信仰を励まし、信仰を引き上げてくださる神


信仰を励まし、信仰を引き上げてくださる神

 キリストの十字架の贖いによって、罪の支配から救われ、神の子どもとされた私たちは、信仰から信仰へ進む旅の途上にいます。

 そして、この信仰の歩みは、最終的には世界を相続する人になるという遠大なものですが、旅の途中で、予期せぬ問題に直面する歩みです。挫折しそうになり、諦めかけたり、自分の失敗に嫌気がさしたりする面があります。

 しかし、信仰に召して下さったくださった神は、「信仰を励まし、信仰を引き上げてくださる神」でもあります。
 創 13:14 ロトがアブラムと別れて後、主はアブラムに仰せられた。「さあ、目を上げて、あなたがいる所から北と南、東と西を見渡しなさい。

 創 15:5 そして、彼を外に連れ出して仰せられた。「さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。」さらに仰せられた。「あなたの子孫はこのようになる。」

 ですから、自分ではなく、問題ではなく、「信仰を励まし、信仰を引き上げてくださる」神に思いを向けて進みましょう。

祝福の家(2020-4) 信仰を励まし、信仰を引き上げてくださる神


信仰を励まし、信仰を引き上げてくださる神

 キリストの十字架の贖いによって、罪の支配から救われ、神の子どもとされた私たちは、信仰から信仰へ進む旅の途上にいます。

 そして、この信仰の歩みは、最終的には世界を相続する人になるという遠大なものですが、旅の途中で、予期せぬ問題に直面する歩みです。挫折しそうになり、諦めかけたり、自分の失敗に嫌気がさしたりする面があります。

 しかし、信仰に召して下さったくださった神は、「信仰を励まし、信仰を引き上げてくださる神」でもあります。

 創13:14 ロトがアブラムと別れて後、主はアブラムに仰せられた。「さあ、目を上げて、あなたがいる所から北と南、東と西を見渡しなさい。

 創 15:5 そして、彼を外に連れ出して仰せられた。「さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。」さらに仰せられた。「あなたの子孫はこのようになる。」

 ですから、自分ではなく、問題ではなく、「信仰を励まし、信仰を引き上げてくださる」神に思いを向けて進みましょう。

祝福の家(2020-3) ノアの大洪水が教えること


ノアの大洪水が教えること

ノアは、主の前での恵みを見つけた。(創世記6:8)
地は、神の前に堕落し、地は、暴虐で満ちていた。(同6:11)

A. ノアは、正しい人で神とともに歩んだ。
B. ノアの大洪水は、あらかじめ予告されていた。
C. ノアは、警告を真剣に受け止め、命じられた事を実行した。
D. ノアとその家族は、全員救われたが、罪の世界は滅ぼされた。
E. 主イエスさまの再臨の時に起こることと、ノアの大洪水とは類似していると主は語られた。
F. 神を信じ、神のことばを信じて従う人々は、この世の汚れから離れ、主に会う備えをしながら、祈りに励み、賢く生きる。

 「洪水前の日々は、ノアが箱舟にはいるその日まで、人々は、飲んだり、食べたり、めとったり、とついだりしていました。そして、洪水が来てすべての物をさらってしまうまで、彼らはわからなかったのです。人の子が来るのも、そのとおりです。」(マタイ 24:38-39)

祝福の家(2020-2) アダムの罪とキリストの贖い


アダムの罪とキリストの贖い

A. アダムはキリストの型
ロマ 5:14 ところが死は、アダムからモーセまでの間も、アダムの違反と同じようには罪を犯さなかった人々をさえ支配しました。アダムはきたるべき方のひな型です。

B. キリストは、アダムの罪の中に生まれた私たちを、生かす神
ロマ 5:15 ただし、恵みには違反のばあいとは違う点があります。もしひとりの違反によって多くの人が死んだとすれば、それにもまして、神の恵みとひとりの人イエス・キリストの恵みによる賜物とは、多くの人々に満ちあふれるのです。
1コリ 15:22 すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。
1コリ 15:45 聖書に「最初の人アダムは生きた者となった。」と書いてありますが、最後のアダムは、生かす御霊となりました。

C. キリストに従う者たちは、キリストとともに支配者となる。
ルカ 19:19 主人はこの者にも言った。『あなたも五つの町を治めなさい。』
2テモ 2:12 もし耐え忍んでいるなら、彼とともに治めるようになる。もし彼を否んだなら、彼もまた私たちを否まれる。
黙 5:10 私たちの神のために、この人々を王国とし、祭司とされました。彼らは地上を治めるのです。」

祝福の家(2020-1) 神は、創造し、祝福した


神は、創造し、祝福した

 創 1:22 神はまた、それらを祝福して仰せられた。「生めよ。ふえよ。海の水に満ちよ。また鳥は、地にふえよ。」
 創 1:28 神はまた、彼らを祝福し、このように神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。」
 創 2:3 神はその第七日目を祝福し、この日を聖であるとされた。それは、その日に、神がなさっていたすべての創造のわざを休まれたからである。
 創 5:2 男と女とに彼らを創造された。彼らが創造された日に、神は彼らを祝福して、その名をアダムと呼ばれた。
 エペソ 1:3 私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにおいて、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。

 この現実、この恵みをしっかり握りましょう。