ふたりはひとりよりもまさっている。
ふたりが労苦すれば、
良い報いがあるからだ。
どちらかが倒れるとき、
ひとりがその仲間を起こす。
          旧約聖書より
牧師夫妻紹介
大村勝治(おおむらかつじ)
 
大村礼子(れいこ)
 
青森県出身。
川崎中央福音教会に導かれ、20歳のときに佐藤昭雄牧師より洗礼を受ける。
中央聖書神学校を卒業後、浜松・沼津・埼玉・沖縄の各教会で伝道、牧会し現在の本渡キリスト教会に赴任。現在に至る。
北九州出身。
北九州シオン教会に導かれ、14歳のときに力丸博牧師より洗礼を受ける。
中央聖書神学校を卒業後、中央聖書教会の副牧師をし、その後結婚。大村牧師を支え現在に至る。
元気の源は、祈りと聖書のみ言葉と子供たちの笑顔。
 
牧師からの一言
 
 
こんにちわ。本渡キリスト教会牧師の大村勝治です。私はライフワークに日本とキリスト教の歴史を学んでいます。一般的に日本にキリスト教を伝えたのはザビエルだと思われていますが、ザビエルの千年も前に中国から景教というキリスト教が伝来しています。空海もこの景教から大きな影響を受けたひとりです。さらに遡ること二世紀には、朝鮮半島から秦氏が渡来して来ました。実はこの秦氏がキリスト教徒だったのです。こうして見てきますと、日本は二千年も前からキリスト教の影響を受けているのです。
是非教会に来て一緒に聖書を学びませんか。